プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

君もマルチディスプレイ化

不動産とは関係の無い話なのですが、知人が事務所に来た時にパソコンのモニターが2台隣り合わせになってて、その間を開いたウィンドウがマウスドラッグで行ったり来たりできるのを初めて見たそうで、どうすればできるのか?について聞かれました。

文章で書いててもよく分かりませんね。^^ まぁ、モニターが2台以上連結されてて2台の画面を駆使して仕事できるってメリットがあるわけです。そんな話は少しパソコンやってる人なら唐の昔から知ってる話で今更ネタにすることもないのですが、知人が自分もやりたいって言うので書いてみるわけです。

パソコンの本体(ウィーン♪って動作音が聞こえる箱の中)にはいろんなパーツが詰まってて、例えばよく使うCD-ROMのドライブだとか電源だとか、背面を見ると四角だったり色のついた丸い穴があってそこにケーブルを差して使ってますでしょ?そこにモニターと繋がってる小さい針が棘のように出てる台形の穴がありますね?その棘の突起の内部にはグラフィックボードというパーツがあるわけだ。

グラフィックボードにはいろいろあって性能も違うそうな。性能ってのは画像の描写力・・・うーん難しい。^^ 動画を滑らかに見れるものもあれば、カクカクして見難いものもある。パソコン上でプレイできるファイナルファンタジーなどのプレイ動画もそれなりに性能のいいグラフィックボードじゃないと快適に描写されないわけだ。ハンゲームやパソコン内蔵ゲームをやる分にはいいけど、ある程度高度な動きやグラフィックスを求める人には、特別にグラフィックボードというパーツをパソコン内に組み込んでやる必要があるのですな。

で、私はファイナルファンタジーはやりませんが、2つのモニターを使って仕事をすることが多いです。例えばサブ画面でセクセルを開いて資金計算表を見ながら、メイン画面でお客さんにメールを打ったり、自分で撮影したデジカメの画像を見ながら、画像編集ソフトを開いて画像を加工したり、間取りを作成したり広告を作成したり・・・と、1画面ではいくつもウィンドウが開いてしまってその都度目的のウィンドウを表示させるのが面倒です。そこで、二つの画面にして作業をし易くしてるわけです。皆さんが仕事をする机を思い浮かべてください。その机を2台並べて繋げたらもっと資料を分かりやすく置けるでしょう?それと一緒です。モニターを2台、複数台並べるってことは「作業スペースを広げる」ってことです。

この作業スペースを広げるのにも、それに対応したグラフィックボードが必要でして、複数台で作業するのですから1台に比べれば画面描写についてもっとパワーが必要ですよね?2台、3台といっぱい増やして画面いっぱいに画像を広げてしまうとグラフィックボードも汗をかくわけです。ですから作業するに見合ったグラフィックボードが必要になるわけです。私はそこまで汗をかく作業をしせませんので、スタンダードな性能をもったグラフィックボードを入れているのです。

グラフィックボードは何千円で買えるものから何万、何十万もするものまであります。グラフィックボードを2枚も連結させてものすごい描写力を誇るパソコンだって存在します。そうですね~、ブルーレイや3Dを思う存分堪能したいとか、複雑な動きをするようなオンラインゲームを究極に滑らかに描写させたい!とか。^^ 

それほど性能を求めずパソコン買ってきて普通に利用する程度ならば特別にグラフィックボードというパーツを入れなくても画像描写することは可能です。或いはグラフィックボードの代わりにもっと手軽にマルチディスプレイを楽しめるパーツもあります。ですから、パソコンに全く無知であっても2台モニターにすることは簡単です。近くの電気屋さんに行ってパーツ買ってポン付けでできます。何もパソコン本体を分解してドライバー使って、線つなげて・・・なんてやらなくてもできます。「サインはVGA」という商品なんてその類だと思います。僕は使ったことが無いからわかりませんが・・・。ただ、グラフィックボード取り付けるくらいならドライバー1本あれば簡単に出来る方ですよ。^^

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top