プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

この紋所が目に入らぬか!

弱きを助け、強きを挫く。

私は水戸黄門のドラマが大好きです。時間がある時にチャンネルを回し、ご老公が見えようものなら手を止めてずっと最後まで見ます。仕事中、車で移動中でもどこかで車を止めてでも見ます。そのストーリーは半ば最後がイメージできてしまうものばかりですが、やはり最後の殺陣シーンと印籠をかざす場面の為に見るわけです。あれは正義感の強い人間には堪らない場面ですね。^^ 悪行を働く一味も、「静まれ静まれーい!」って一喝して全てが解決するのです。

今の時代、あれほどの権力を持つ人間も居ないだろうし、そんな世の中がまかり通ったら大変・・・だろうとは思うけど、案外それでまとまることもあるんだろうなーなんて思ったりもします。^^ 最近読んでる本の中で登場人物がある言葉を発する場面があるのです。

「私心を捨てる」

「保身を捨てる」

「野心を捨てる」

「邪心を捨てる」

「慢心を捨てる」

そして、「初心を忘れず、信念を持って生きることを使命とす」

とあります。とてもいい言葉だと思いました。ひとつひとつを座右の銘にでもしたいほど感銘を受けたのでした。^^ でも、こういう主張を思い切り前面に出して行動すると必ず「小突かれ」ます。それを面白くないと見る人が大勢いるからで、そんな綺麗事で世の中が回るわけが無いと思っているのだと感じます。私はそんな時に「水戸黄門」様を思い浮かべ、「あー、ここで印籠を出したいなぁ・・・」と思うわけです。

たまたま家で休んでいる日の夕暮れ時には子供がやってきて、「ねぇ!パパのテレビやってるよ!」って教えてくれます。「ホラ!ホラッ!」って。をいをい・・・パパのテレビって何それ?^^ 

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top