プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

アキュラホームさんが来た

住宅展示場でモデルハウスが見学できるようなメーカーさんで建築を希望しているお客様が、まだ土地を決めていない場合に土地探しや仲介のお手伝いをご協力するという意味でアキュラホームさんやトヨタホームさんなど数社と土地探しについての提携をしています。当社のような小さな会社でも土地情報をご紹介することでそれが成約に至り、晴れてそのメーカーさんで建築ができるようになるまでの道筋を立てることができるのです。お客様はもちろん私もメーカー担当者も感無量といったところで、こうした提携が上手く機能していることがとてもありがたいことだと改めて思いました。

今回のアキュラホームさんのご訪問内容は来月に都内で当社のような提携会社さんとの情報交換会を持ちたいとの趣旨で参加のお誘いのようでした。来月は師走でとても忙しい月ですがなんとか予定を空けて参加したいなと思うものでした。今回の情報交換会に限らず、業者同士の交流会には比較的参加している方なのですが、ただの立食パーティで終わらせることは勿体ないのです。当社のような知名度が抜群に低い会社では、名刺を束で持って挨拶周り。目的は終始これに尽きます。^^

ほとんどが業界の経験豊富な先輩方ばかりなので情報交換といっても私が教えてもらうことがほとんど。でも、こうした初対面の中から交流が生まれて仕事に繋がっていくこともあります。とても有意義な時間となるのです。私の場合は同業だけじゃなくて異業種の交流にも参加することがあります。全く接点のなさそうな業者さんと交流することで、考えもしないビジネス論に展開することもあっていい刺激を受けることが多いです。

そのほとんどは都内で開かれます。横浜市内のもあるのでしょうが、数える程度しか参加したことが無いです。知ってる人も多いですしね・・・。都内ですとまず知らない人ばかりですから緊張もしますが、多方面から集まる分、幅広い情報が交わされて、仕事にならずとも話をしているだけで面白いものです。^^ 先日の話ですと、話題の中国絡みの不動産ビジネスで興味をそそる話がありました。

それは、アクアラインから伸びている圏央道に沿ってあるゴルフ場をメインに、その周辺でひとつの街を作っていこうという試みです。千葉は県全体での高低差があまりないことでゴルフ場が多いのですが、人気があって利用者が集中するゴルフ場と閑散としているとこがあります。閑散としている地域は当然付近の土地も安価なのですが(もともとどこでも安価だけど)そういった場所で大型の商業施設と住宅地を併設して、富裕層に限らず「千葉」の「山とゴルフ場だらけ」というイメージを脱却するべく計画しているのが、アジア方面を中心とした定住を目的とした顧客誘致です。

住宅といっても土地が100坪以上の分譲地で建物は6~8LDKなどが主流。広さなどの条件によってですが、3000万円台から5000万円台で可能だとか。何百世帯という分譲地に広い道路、商業施設、住宅地への入口にはゲートがあって警備員が巡回するそうです。電柱などのインフラは全て地下に埋めてスッキリとさせるとか。日々の暮らしは商業施設で賄えて、毎日のようにゴルフができる。少し足を伸ばせば海に山の幸狩りといったようにゆったりとしたライフスタイルが広告宣伝の柱だと言っていました。

分譲地をまとまった区画ごとに分割し、建物デザインを各国の風習などに沿ったものとし、ヨーロッパ風やアジア風、アメリカ風などといった街区で建築様式を変えることで、それぞれのニーズに合った建物を建築できるそうです。日本でもこうした分譲地はありますが、規模がその何倍ともなり、相手が諸外国人となりますからまた勝手も違うのでしょう。ほとんど無価値だった山などが生まれ変わるこうした企画は聞いていて飽きない話しだと思います。

こうした郊外型の大型分譲地は新幹線沿線などでJRが開発しているものがいくつかありますよね。新幹線なら都内まで2時間といった触れ込みで、100坪以上のゆったりとした土地に温泉付き・・・といったもの。これと似ています。それがまさに都心まですぐの距離である千葉で、多くの未開発の土地が点在する内房で可能というのですから、企画自体面白いなと感じました。実現するかはわかりませんが。^^

千葉での分譲地って言いますと、バブル時には胡散臭い業者が「値上がりするから!」って言って電話セールス等で購入を即していた時期がありましたね。2000万円ほどで買った土地が今や10分の1になっている地域も珍しくありません。中には「実は家が建てれない土地だった」なんてところもあります。そのほとんどが「非線引き区域」です。大まかに第一種低層地域に近い建築条件で建築が可能で、道路も区画整理もされていてるが、空き地になってることが多い。といったイメージでしょうか。これを180度変えるような企画だな、と感心しました。^^

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top