プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

区画整理事業理事長収賄だと

「オレ(A)に200万くれたら、お前んとこに仕事回してやるけど、どうだ?」

なのか、

「当社へ仕事をご依頼頂ければ、A様へ相応の謝礼はさせて頂きますので・・・」

どちらなのかは知らないが・・・。どこかの区画整理事業に絡んで、その事業の測量業務などを請け負う入札が収賄によって「形式的な入札」となり、それが事件化したという記事がありました。これを簡単に説明すると、区画整理といって、古くからの家や商店などがバラバラに点在するような地域において、ひとまずそれらの土地や建物の権利をひとまとめに集約して組合を作り、その理事長を中心として開発を行い、道路を綺麗に整備して、住宅は住宅、商店は商店、公園も作って整理された環境にしましょうや!っていう計画が区画整理事業ということになります。^^

元々、その土地や建物を所有してた権利人たちは、区画整理事業が終了した後に、元々持っていた権利分だけ土地を手に入れることができます。建物付きで返還してもらうこともできますので、取った取られたの損得はありません。初めと終わりできちんと「こうします」という理解のもとに進められますから、開発前の同意はとても大事でまとまめるのにも苦労しますが、ここで理事長たる人物が相当な威力というか権力というか、発言力を発揮するわけです。理事長はその地域に古くから居を構える大地主であったり、地域に根付いた代議士のマワシ者であったりいろいろあります。^^ どうであれ、区画整理事業の理事長はその事業のあらゆる工事をとりまとめる仕切り屋になりえるのです。

ここに目を付ける輩が居るわけです。はい出ました!予算と利権の話です。^^ やっぱり出るわけですねー、こういう話が。整理事業にも規模はありますが、億単位以上となることがほとんどで、バラバラに点在する土地に建つ建物、道路、山、上下水道管、様々なものが「一旦は解体」されます。全て綺麗に更地になったら、測量です。全体のスケールを改めて出して再開発後の区割りや地権者への返還面積などを決めていく資料を作成します。ここで「測量事務所」に対して作業の依頼があります。改めて上下水道などのインフラ整備と道路が作られます。続いて建物の建築などがありますから、ここでも建築会社への依頼がありますよね。前述した公共工事でもある配管や公園や信号機などはどうでしょうか?ここでは役所絡みの工事にもなりますよね。予算と利権を掌握する人物、部署はどこに当たりますでしょうか?^^

記事になってたのは、この場合測量会社が理事長に賄賂を渡したとありますが、このシナリオを測量会社が描いたのか理事長が考えたのか実際のとこはわかりませんが、こうした利権を持つ人間というのは格好の標的になることがここでも明らかになっています。また、それが日常的に慣習化していると怖いものがあります。そうした慣習が長い間続いて公正な競争が働かなくなります。一部の人間だけが甘い汁を吸うモデルが出来上がります。負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれませんが、こうなる悔しい思いをするのはやはり「信念を貫こうとする正直者」なのだと思います。

100人の人間が居て、1人がこうした正直者であっても99人が長いものに巻かれようとするならば、それが「正しい」ことになる時があります。いや、「正しく見えてしまう」というのでしょうか。そう思われるように仕向けるとでも言いましょうか。結局のところ、それでもこの世の中で生きていく為には「バランス感覚」が必要だと言う人もいます。バランス感覚とはこれまたご都合主義的な「良い意味合い」に聞こえる言葉ですが、「使い方間違ってるんじゃない?」と思うのは私だけじゃないはず。^^ 

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top