プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

「サハァ~」と「モハァ~」について

先日友人と食事した帰りに電車待ちしていましたら、会社員風の2人が近くにおりましてとても面白い話をしていました。ホームの反対側に横須賀線が止まり、一人が周囲に聞こえるような大声でしゃべり始めたんです。「アレって何?」って指差す方向を目で追うと、車両の下部に書いてある文字と数字がありました。皆さんが見たことある「サハ」とか「モハ」って記号です。雑学紹介のテレビでよくやってるので知っている方も多いと思います。聞かれた男性が言うには「電車が動く時サハァ~!モハァ~!って音がするんだよ!」って答えてました。その光景はいたってマジメそうで、他人という理由以外にもツッコむ余地なんてどこにもありませんでした。

が・・・その答えはいつだか松本人志がガキ使で答えてたのをそのまま引用しただけだったようで、どうせ笑いを取るならオリジナルにしてほしいなと少し不満に感じてしまいました^^ 質問した男性も真に受けてたようで、京急線がシーメンスのインバータを採用してその発進音がドレミに聞こえると話題になったこともあり、答えた相手方の言葉を信じ込んでたようです。いや、そうだとしても電車の発進する時の効果音が車両に表示されるワケないんですけど・・・。ちなみに、京急の最新車両はドアの開閉時に「ポンポン」と音が鳴ります。これは飛行機内でベルト着用サインの点灯消灯時の音と一緒です^^ 羽田乗り入れで話題になってますのである意味「ネタ」なんでしょうかね。

先日書きましたけど、私の人生の中で一番最初の「将来の夢」が電車マンです。そのくらいは小学生の頃に勉強済みです。冒頭にあった「サ」は運転台も無く、モーターもない車両です。ホームから目の前の車両を見て下部が車輪以外ほとんど無いようなスカスカの車両がその類です。「モ」はモーターが付いてる車両の記号です。モーターが付いてれば大抵車両の上部に電力供給の為のパンタグラフが付いています。「ハ」は3等客車を示す記号、今日での3等客車は普通車です。2等が「ロ」のグリーン車、1等は今では存在しないですが昔でいう高等客車です。寝台車「ネ」や食堂車「シ」にもこうした記号があります。先頭につく「ク」は先頭車両である運転操作をする車両の記号です。たまに先頭車両同士が途中でくっつて編成されている電車があります。これは厳密には「ク」じゃないんです。運転台はありますが車両構成全体からみれば中間にありますし、通常の客車として利用されているだけですもんね。

つまり概念からして「サク」や「サモ」という組み合わせは矛盾している記号の組み合わせになりますから存在しないのです。となりますと組み合わせの例を言えば、運転室があり尚且つモーターも搭載した車両は「クモ」です。人が乗る客車まで一緒になった車両なら「クモハ」になります。それはそうと、グリーン車が付いた「クモロ」はイヤでしょうね~・・・。先頭車両で運転室もありーの駆動しーので、「出発進行!」って運転士の掛け声と共に走行中のモーター音がうるさくてしょうがない・・・という特典がもれなく付いてくるグリーン車ですから^^ 一寝入りした気分なのに運転台の真後ろで真下に駆動装置なんてあった日には、一体何のためにグリーン券買ったんだ!となるでしょう^^

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top