プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

家賃保証サービスの実態

ダイヤモンドオンラインに興味深い記事が載ってました。家賃保証サービスというのを噛み砕いて説明します。賃貸物件を借りたい人が居たとして、貸す側の不動餡会社や大家側が「万が一家賃を滞納したりした時はどうするか?」について不安になった場合、「誰か保証人を付けて欲しい」と条件を出すことがあります。でも借りる側から見れば、そうは言われても事情があって保証人を付けれないケースもあるわけです。そんな時に家賃保証サービスが威力を発揮するんです^^ これは家賃の何割かを出して保証会社に家賃保証してもらうことで、万が一家賃支払いが困難になった場合に保証会社が肩代わりしてくれるって仕組みです。

肩代わりといっても、「今度から遅れないでね!」って済まされるわけではなく、保証会社が大家に変わって借り手に督促するケースがほとんどです。つまり、滞納してしまうとそのままで良いわけではなく、きちんと支払える時に支払わないとなりません。大家や不動産会社からすれば保証人が付かなくても家賃の保全が取れることになるので、保証人が付けられない方でも契約することができるわけです。保証人が付けれないっていう理由は様々で、親族の承諾が取れない場合や高齢である場合などがあります。学生や新社会人として始めて賃貸を借りるのはいいけど、親に迷惑をかけたくない・・・という時なと重宝するサービスと言えます。

ニュースで話題になっているのが、この家賃保証サービスをとり行う会社がクレジットカードなどの審査で利用する個人信用情報機関のデータベースを利用して、その本人の資力信用能力について調べているというのです。これが、家賃保証を実務とする会社の本来の目的からかけ離れているのでは?という議論があるというのです。個人信用情報機関に登録されているデータは個人情報でもとにかく重要でセンシティブな内容となっていることが多いです。クレジットカードを1枚でも持っている人やローンを組んだことのある人なら必ず登録されているものです。氏名から生年月日、住所はもちろん、勤務先、年収まで入っています。実際に利用したローンの返済の履歴も載っていますから、本人の信用を図る上では重要なデータになっていることは容易に想像できます。

しかし、家賃の保証に関することで上記の個人信用情報を参考データしているとなりますと、安易に家賃保証サービスを利用することも考えものだと思いますよね。事ある毎に自分の超重要個人情報を開示されていると思うとゾッとします。実務上をイメージすると、過去に何かしら問題があったとするデータが残ってしまっていれば、家賃保証サービスを利用できないってことになります。保証人も付けれない人にとっては賃貸物件を借りることすらできないわけですから軽視できませんよね。こうしたサービスが台頭してくる理由には大家や管理する不動産会社にそうしたニーズがあるからなんでしょうね。確実に家賃を回収したい・・・って思うから。だとすれば、昔のようにきちんと家賃を納めて借りるという当り前の慣習が薄れてきていることだと想像できるわけです。簡単に滞納したり、督促にも応じない、誠意が無い・・・そうした世の中を反映しているのだと思います。

この手の情報にアクセスできる権限をもった人間は企業の中でもごく限られた人ですが、超がつくほど重要なデータですから管理者になる者の社内での監督義務、責任という意味ではそれなりの権限を持った立場の人がなっているはずです。次回にネタにしようと思っているセキュリティの問題にも大きく関係してきます。情報社会の中でも極めて秘匿されるべき情報に関するニュースなどには私たち個人も関心を持つ必要がありそうです。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top