プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

日付無しの契約ってことで・・・

ってこれは大問題でございましょう^^ 

とある事件をご紹介します。ある仲介業者が紹介した物件を顧客Aが気に入り契約予定となったそうな。それがたまたま土曜日だった為、物件の調査もまだしておらず役所もやってないので調査が出来なかったそうです。でも、その物件が他のお客さんに取られてしまうといけないので、仲介業者の「好意」で手元にある資料だけを基に契約書を作成し、署名と押印を頂いたのだという。もちろん土曜日でAは契約金の持ち合わせも無かったのですから、契約金は月曜日払いってことで了承したそうな。それにしても「好意」でって・・・本当か?^^

翌日の日曜日にAは確認の為、親を連れてもう一度その物件を見に行ったそうです。そしたら親の反対に会い、A本人も急いで結論を出すことに躊躇を覚え、仲介業者に「もう少しよく考えたい」と申し出たそうです。仲介業者は「昨日契約しているのでキャンセルするなら違約金が発生しますよ?」と言うのだそうだ。Aにしてみれば署名はしたものの、まだ契約金は払ってないので契約は成立してないと主張するのだが、受け入れてはもらえない。仕方なく消費者センターに駆け込むわけである。当然Aが保護されるわけですが・・・。

この一連の流れ。しょーもない取引をした仲介業者がいけないのだと思いますが、物件を案内した土曜日にそのまま契約に誘引し、手付金は後添付でいいですから!と取引をしてしまう神経がスゴいです。もちろん、「いけないことが分かっている」からその契約書には日付を書かずに、契約金をもらえる予定の月曜日に日付を入れようという魂胆だったようです。これはもはや明確な違反行為という認識があったに違いないですよね。宅建業者には契約誘引行為や契約金などの供与を行ってはいけないという定めがあります。この仲介業者・・・そこまでして契約したかったのでしょうか。そんなに上司が怖いんでしょうか。ノルマが絶対なのでしょうか。こういう仲介業者に捉まったAさんは家を買うことに悪いイメージを持ってしまったことでしょう。またひとつ「不動産屋=悪」というレッテルが貼られました^^

そもそも、初めて見た物件をその場で気に入って尚且つ、その足で契約金をおろしに銀行やコンビニに走って、文房具屋で三本版を買い、そのまま不動産屋に行って契約・・・なんてことが簡単に起こるわけがない^^ 私の経験でもそんな契約は片手で数える程度しかないです。私の場合、その場でお客さんが気に入ったとしてもそのまま契約にまで持っていこうとする営業トークは絶対にしません。親に相談しないんですか?後悔しませんか?不安なことはないですか?ローン支払い大丈夫ですか?聞きたいことは山ほどあります。後から「聞いてなかった」と言われたくないですから最初から全てお話した上で納得してもらいます。

それでもすぐ契約したいのなら応じることもありますけど、1000万のマンションだろうが5000万の一戸建てだろうが家を買うのに「即決」ってのは有り得ないことだと思うのです。少なくともそれまでに何度か物件を見てたり、支払いをパソコンで出したり、「決断を下す準備期間」があるはずなんですよね。営業マンにはこの準備期間を「あえて」与えてあげる心のゆとりをもってもらいたいと強く感じます。顧客第一主義とか謳っておきながら、実際の営業姿勢が矛盾している会社は多いです。これはとても残念なことだと思います。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top