プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

タブ譜 (オジーオズボーン、デランジェなど)

BOOWYが無いのが不思議なのですが、タブ譜さん達がたくさん出てきました。これは中学生~高校生にかけて買ったものだと思います。これの10倍くらいは持ってたと思いますが、どこかへ消えたか実家か捨てたかで今は手元にありません^^ 恐らく今残っているのが私の「お気に入り」だったんだと思います。MrBIGのタブ譜だけとても綺麗です。新品なほどに^^ たぶん難しくてやれなかったんだと思われます。逆にエックスとデランジェのタブ譜は擦り切れ、落丁しているとこが結構あるくらい使い込まれています。意地でコピーしていた様子が見受けられます。オジーに関してはザックワイルドになったところから綺麗です。ってことはこの頃からテクニックが必要になってきたようで追いつかなくなったってことだと思います^^。

タブ譜を見て思い出すのが、それぞれの楽曲の「音色作り」に悪戦苦闘してた毎日です。ギターひとつ取って見てもアーティストの嗜好や曲の雰囲気によって全く音が異なります。(当たり前だけど) その通りにコピーしようとするとエフェクターがいくつも必要になります。大抵5個くらい揃えたところで後は面倒になり、マルチエフェクターに走るんです^^。所詮、中学高校くらいの軽音のレベルだとそんな程度でした。ただ、タブ譜を見るとセンテンスごとにどういったエフェクトの組み合わせか手書きで書いてあるページがあるんですよね。ODやDTといった表記やCho、Deと書いてあるとこもあります。JC2000とかアンペグなどスピーカやアンプまで指示してあるページ、消しゴム使ってなんども書き直し上書きしたりと、それなりに原曲の音にどうやったら近づけるか自分なりに試してみてたようです。ギターやアンプにエフェクター類の機器は全て知人にあげてしまいましたが、タブ譜だけは思い出の品としてこれからも残したいなーと思うのでした^^

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top