プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

福島からの疎開する場合への協力

子供の疎開に関する記事が出ていましたが、国や地方が協力してもっと早期に実現してほしかったと今も思います。ただ、過去へ遡ることもできませんので、これからできる限りの対応をしなければならないと感じています。特に関東付近の自治体には準備や対策本部の設置が必要です。不動産業界では被災地からの仮住まいに関して条件面で優遇できないか?4月の事前では通知がきていましたし、募集に応えてもらえる大家さん、管理物件などの紹介窓口になっていました。賃貸でもワンルームと違い、家族で仮住まいする場合はファミリータイプである必要もあります。賃貸ではなく、こちらへ長く住む目的で購入まで考えている方もいらっしゃるようです。その場合、仲介業者は手数料の無料を基本として考えるべきだと私は思います。当社では被災地での証明が取れれば仲介手数料の請求はしない方向で進めています。賃貸の手数料と売買の手数料では全く額が異なりますし、負担額も相当なものになります。それが引越しの妨げになってはならないと思います。商売抜きで疎開や引越しされる方の気持ちを考えるべきです。

特に、お子様の引越しは精神的な苦痛が計り知れないです。どんなに気丈に振舞っていても大人には理解できない純粋な心を持っているものです。安易な引越しはできませんが、家族が居るという安心、そして迎え入れる私たちの心が必要だと思います。慣れない生活での不安を少しでも和らげることができるか、現地でのボランティア活動だけが手助けではありませんので、そうしたユニバーサルな対応を常に心がけていきたいと思っております。もの心のついた小学校、中学校での転校生徒に対する対応も普段から保護者、先生、生徒が気持ちをひとつにしていかなければなりません。稀に見る「転校先での非難」についてはこれ以上起きてほしくありませんから。横浜市では、保育所などの増設や受入れ人数の増員要請によって、待機児童がここ数年で大幅に減っております。林市長の取り組み成果が現れているようですばらしいことだと思います。公的機関と民間企業とが協力すれば大きな力になると思います。我々のような小さな会社でもできることはたくさんあります。是非頑張りましょう!

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top