プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

沖縄へ移住する人へ

3年ぶりでしょうか、仕事でお世話になってる業者さんと沖縄へ1泊2日の「現地視察」という名の出張に行ってきました。24時間で東京⇔沖縄間を往復するのは想像以上に堪えますが^^。なんとなく違和感の漂うその如何わしい「出張」の実態とはこれいかに。

①沖縄、周辺諸島の賃料相場の調査

②現地業者への訪問

③関東から移住計画している顧客への情報伝達

えー・・・このような目的となっておりまして、あくまで仕事の一環・・・ということで考えております。よろしいですか?よろしいですね?はい・・・そういうことでご理解のほど宜しくお願い致します。・・・( ̄o ̄)

冗談はさておき、実際のところ、四国、九州、沖縄などの南方への移住を検討している人は私の周りでも多く、先日も奄美地方へ移住する場合の手続き方法について質問を受けるなどお客様からの調査依頼があることは確かです。現地の不動産業者に直接聞いてみると那覇市内などでは3LDKほどで家族で暮らすには10万ほどの家賃で済むそうで、空き物件も結構あるとのことです。ただ、少し離れますと物件数自体が少ないらしく、市内よりも相場が上昇する場合があるって言ってました。ただ、関東の不動産事情とは少し違うらしくて、古くから住んでる人でも賃貸住まいの人は結構多いそうです。また、地元住民の住まいへの意識からなのか「所有権」というものへの関心が若干違うなっていう印象でした。


これは業者さんの事務所の近くに掲示されてたマンションのポスターですが、わざわざ「土地所有権付き」って記載されています。「あー、こういうことか」と思わず納得でした^^。ということは借地権の割合も相当あって、それが違和感無く取引されている実情があるようでした。中国という国でも土地は国家のもので土地を借りて建物の「使用権」を得るという考えだということでしたよね。もしかしたら古い時代からの流れというものがあるのかもしれないです。

また、建物の関してですが、木造建築は一般的な建築手法でありながらもコンクリートやレンガを用いた家が借家で結構あるそうです。屋根は茶色い瓦にシーサーが乗ってるのはよく目にする光景ですよね。建物の外観などは南国のイメージそのものでした。外壁色はホワイトが多いように見えました。ホワイトの漆喰っぽい外壁に茶色の屋根材って具合ですね。ヨーロッパの方の海に近い国々でもこうした色使いが多いですもんね。なんか関係あるのでしょうかね^^。業者さん曰く、台風の風から守るのに昔からそうなんじゃないか?という話でした。まぁ、確かに沖縄方面は勢力の強いままの台風の影響を受けますからね・・・そういった意味合いが強いのかもしれません。

ただ、注意が必要だって言ってたことに「健康面」の話がありましたんで少し書いておきます。関東から移住する人は夏の暑さに参ってしまうことが多いんですって。数日旅行に来る程度と、腰を据えて生活するのとで体感が違うらしいのです。湿度と温度に慣れるうちは夏場は結構シンドイという移住者の話をよく聞くそうです。建物内でも相当な暑さらしいので、子供を転校先に通わすにしても本島の生徒と一緒になって外ではしゃぐのは大変だよって話でした。そりゃそうだなと・・・^^。また、リゾート気分で移住はしない方がいいってことです。ヘタに市街地から離れますと周りに何も無いから1ヶ月で飽きるって話です。腰を据えて生活するとは言っても地方都市くらいの規模から移住するとなるとそのギャップに慣れるのに相当苦労するそうです。だから、とりあえず市街地で賃貸で様子見して本当に移住できると真剣に考えるなら次を考えるようにした方がいいと言われました。

さてさて・・・これくらい書いておけば、いかにも「仕事」らしい印象は伝わった・・・かのように思えるので、もう止めておきます。今度はその他のネタについて書いてみたいと思います^^。遊びに行くならレンタカーで走りまくるのですが、今回はモノレールで県庁付近まで直行で手が空いた為、携帯でいろいろ現地写真を撮影してまいりました。那覇空港から国際通りあたりまで直行して1泊くらいですぐ帰るって人にはモノレールプランが楽でいいと思います^^。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top