プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

4号機の傾きと燃料プール

ニュージランドのクライストチャーチで余震が続いているということでとても心配です。ニュージーランドは結婚式を挙げにいった国でもあるので気になってしまいます。大聖堂は私のipadの背景画面にもなっている場所だったので、地震での倒壊はとてもショックでした。余震による被害がこれ以上出ないでほしいとただ願うばかりです。こうしてみますと、大地震の数ヵ月後にも大きな余震がくることが改めて認識させられます。当然、東日本大震災から3ヶ月が経ちましたが、これからの夏に向けて消費電力が問題になっていたり、原発の問題が山積していたりする中での余震というものはとても怖いです。「予期せぬ」という言葉で済まないことが現場で起こっているわけで、政府が早く落ち着くことを誰もが求めています。必死で現地で作業している人が居るのに「予期せぬこと」で片付けられるはずもありません。今現地で何が起きているのか本当に作業員が分かっているのでしょうか。何も知らされるまま従事しているなんてことは絶対あってはならないと思います。

今日は話を原発4号機についてしたのですが、最近4号機についての報道がめっきり減ったように?思えるのですが、ネット上では「4号機が地盤沈下で傾いているのでは?」という話が仕切りに騒がれています。これは米国メディアでも報道されているようで、実際に傾斜しているのかどうかは定かじゃないものの、それを裏付ける発言や映像がいくつか見て取れます。傾斜の原因が津波によるものか爆発によるものかは分かりませんが、4号機内には使用済み燃料プールがあり、ここに貯蔵される燃料棒がかなりの本数だったかと記憶しています。建屋が傾いているのか内部の鉄骨が傾いているが不明なものの、今後の余震の程度によっては崩壊する危険すらあると指摘しています。こうなりますと、1号機~3号機の作業も中断せざるを得なくなってくるばかりか、より深刻な大気汚染を憂慮しなくてはならない状況になります。3月に起こった爆発による空気中散布によって関東地方にも甚大な影響が出ましたよね。これとは比較にならないほどの量が空気中に出ることになります。もし、燃料プール無いの燃料棒が地面に落ちた場合、地面を溶かし地下の汚染水に接触する危険が無いのか心配になります。

さて、放射性物質の飛散による関東地方への影響ですが、学校のグラウンド等で高い数値が計測されているようですね。これは昨日までの雨の影響もあるのかと思いますが、それまでにも雨で蓄積された物質が地面にあるってことを意味していると思います。降雨後の水溜りに沈殿し、それが乾けば部分的に高い放射性物質の検出データが出てしまいます。これと同様に貯水池や遊水地、ため池などもそうです。こうした場所の近くで遊ぶことはできる限り避けるべきだと思います。また、幼稚園や小学校では測定をあえて拒否する動きもでているそうです。これは測定して万が一高い数値が出てしまった場合への対外的な影響を考えてのものだと思いますが。「まず生徒と職員の安全」ってことを考えてない行動だと思います。もし、私がカウンターを自前で持って行って「測定させてください」と頼んで、「どうぞ宜しくお願いします」と答える人がどれだけ居るでしょうか。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top