プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

20150729 ハワイホノルル空港ワイキキ近くでオムツ、ベビーカー(ストローラ)を買うかレンタルか ウォルマート、ABC,アラモアナかドンキ?

今日はハワイ旅行を控えている方むけにブログを書きます。ハワイにベビーカー(現地ではベビーストローラと言う)やバギーを持っていくかレンタルか?荷物になるからこそママは悩みます。オムツはどの程度持って行くか?かさばるのでスーツケースに入れる入れないでも悩みます。赤ちゃんが居るご家庭でベビーカーやオムツを現地調達することに関していろんなサイトがあるけどイマイチ核心を突いてないなと思い、実際に現地行った時に調べてきましたので、日本で荷造りされている方へ参考になればと思います。7度ほどハワイには行っているのである程度の店は回った上で書くつもりです。

JCBカード持ってるならJCBプラザで無料で貸し出しはしています。ただ、手続きも混雑で時間かかるし返却も面倒臭い。それに壊したら30ドル!とか言われるから気を使うんです。貸し出されるベビーカーの大きさも重量制限からいってもせいぜい3歳までだと思います。 購入するならABCストアにある、という情報が有力かと思いきや、売ってる店に出会ったことは無かったです。ビーチウォークのデニーズ横にある大きなABCでも売ってないです。売ってることもあるのかもしれないが、売ってないことの方が多い。これは毎年ハワイに行く友人も言ってたし、現地の知人も口をそろえてそう言います。ワイキキホテル近くでベビーカーを購入しよう、というのは現実的ではないと思いました。

ではどこに売ってるか?それはウォルマートです。ここでウォルマートだと言うのはアラモアナショッピングセンターから一番近いからです。ノードストロームを出てすぐ看板が見えますし、明らかにドンキより近い。というかドンキで売ってるのは高い!ワイケレアウトレット隣のKマート(2017年時点でもう無い)でも、ターゲットでも買えるけど、それは2日目以降に観光で行くとこだと思う。いざホノルルに着いて子どもがグズる&時差ボケで抱っこもしたくない時こそ早くベビーカーが欲しい!のではないだろうか?がKマートやターゲットにタクシーやザ・バスで向かうか?と言ったらそれはまず無いと思う。空港には午前中に到着する便が多いけど、そのままホテルへ行ってもチェックインできないんだコレが。ワイキキまで行ってからホテルのフロントで荷物だけ預けてピンクバスでアラモアナへ。これも面倒だが、スーツケーズを引きずりながらのアラモアナよりマシだと思う。空港からワイキキまでチャーリーズタクシーの定額プランで29ドルとチップで35ドル程度だから、空港についたら連絡するといいです。時間帯によっては日本語オペレーターがいるから安心です。空港常駐のタクシーならワイキキ まで40ドル、それにチップという感じかな。

さて、ホテルに着いてもチェックインできず、荷物だけフロントに預けて海やプールに行くにしてもビショ濡れ&砂だらけでチェックインしなければならない。それなら到着当日はやっぱりアラモアナだ!というわけで、とりあえず空港到着してホテルへ直行して荷物だけ預けてから、近くのトロリー停留所からJCBカード提示で無料になるピンクトロリーに乗って馴染みのあるアラモアナに向かい、ノードストローム側から出て3分歩いてウォルマートに行ってベビーカーとオムツを買った後に軽くウィンドウショッピングを楽しむ、と。気合を入れての買物は後日ってことで。ちなみにクロックスもビーサン屋もたくさんあるから、サンダルも持たずに現地に行っても大丈夫かと思います。 食事ですが、アラモアナのフードコートではビールが売ってない!と思う。私は探せなかったです。ビールを呑みながら食事するなら上層階のカリフォルニアピザキッチンなど並ぶ覚悟で行きましょう。

ちなみに前述したドンキホーテにはベビーカーは高い&手押し車系が多い。尚、店舗前の弁当屋では鮭弁当が15ドルする。これには目玉飛び出るかと思ったほど。まぁ、お土産は安い、マカダミアチョコが安い、スーツケースが安い、食料品も酒も安く豊富な品揃えで完全に大型スーパーといった感じです。ウォルマートより安いんじゃないか、と思うほど。もしかしたら初日にお土産の選別が終わってしまうかもしれない。日本のドンキのイメージは全くありません。それは元々ダイエーだったからに他なりませんが、ドンキのイメージは捨てて、「ドンドンドン♪」という音楽も頭から消さないと、「あれ?ここドンキ?」って思ってしまいます。もちろん、カタカナでドンキホーテとは書いてませんし、英語表記だとDonQuijoteになってるから最初読めないかも。

価格の変動は多少あるだろうけどだいたいこのくらい17~29ドル程度。全体の躯体デザインはほぼ一緒で、ディスニーキャラが入ってるかどうか?とか、屋根がついてるかどうか?といった違いで値段が違うようです。キャラはどうでもいいが、日差しの強いこの国で屋根(帆)は無いとベビーカーに乗る子供が可愛そうだと思う。で、このベビーカーの生地が薄っぺらいのよ、だから座布団みたいなクッションでも敷いてやらないと、道路からの照り返しでオシリが熱くてしょうがないと思う。ママはその辺も気遣ってあげたほうがいいと思う。

子供用も大人用も水着、ビーサンはたくさん売ってます。正直、水着も浮き具も日本から持っていく必要もないかと思うほど品揃えが豊富。ハデ目なものが多いから、滞在期間中限定でハメを外すにはもってこい。

何故かパンパースの売れ行きがハンパ無いです。12枚で9ドル程度。メリーズは無し。  
お土産コーナーのコナコーヒーと定番チョコ、価格はドンキの方が安い。

ボディボード、ブギボもたくさん売ってる。ABCでも売ってるのでここで買う必要もないかもしれない。子どもの水辺での遊び道具が豊富。写真手前のスティックシャボンは1ドル。

お土産にもってこいじゃないか!オレオやビスケットが入って1ドル。 お!と目がいくも、容量が無くて使えないエコバッグ。
ノードストロームを出て目の前に看板が見えます。歩いて3分くらい。

※2017年8月18日追記
4日間のお休みを利用してハワイへ。今回は到着日にダイヤモンドヘッドとハナウマにも行ったんだけど7時半に到着して、自動化されたイミグレ通過してタクシーに乗るのが8時半だとするとワイキキホテル到着して水着に着替えたり準備したりすると9時からのツアーしか参加できないです。私はベルトラが主催する2便目を利用したんだけどギリギリでした。2便目だと帰りはワイキキ着が16時半くらいになります。このツアーでは軽食にレナーズのマラサダを出してくれました。日本で言う揚げパンですが違う食べ物のように美味かったです。途中、ハワイファイブオーの撮影をしていてマクギャレットを遠目で拝むこともでき興奮しました。空港からはチャーリーズタクシーの定額プランで29ドル+チップ。空港についたら電話して呼ぶ、帰りも前夜にホテルから予約しておきました。ベルトラの空港送迎サービスも安価でいいと思います。

詳しくは下記に。


ダイヤモンドヘッドからワイキキを望む、途中スコールに遭いズブ濡れに。まぁ、登山者はみなハワイで降られる分には気分がいいから傘も差さずそのままです。子供でも簡単に登れるとどこのサイトでも書いてあるがとんでもないです。メインルートでは山頂手前の99段階段と螺旋階段は傾斜45度くらいあって小さな子供は危ないです。抱っこするにしてもパパは大変だと思います。ジグザグ道を上って最初の暗闇の洞窟路を出たら右に階段が見えるるので、その逆の左側へ進んでいくと別ルートで登頂することができます。こちらにも階段はあるんだけどそれほどキツくはないです。

ハナウマビーチにて。上から見る綺麗な入り江とは違って、ごく普通のビーチに感じました。シュノーケリングでも透明度はイマイチ。一応、グレーの珊瑚や海底は見えますけどね。小さなお子様でもライフジャケットを付けて大人の腰程度の深度までいけば魚が見れます。深いとこに行けば大きな魚が見えますが体長30センチくらいかな。ハナウマの駐車場から見下ろすと一部分が丸く珊瑚がない場所が見えると思います。ここだけ2メートル以上は深度がありますので大人も注意した方がいいです。シュノーケリングをしているとゴーグルに海水が入るのでそれを出すのに立ち泳ぎするか海底に足をつけないとバランスが取れないのです。その時に水を飲んでるツアー客が結構いました。帰りは無料シャワーがビーチにあるので海水や砂は洗い流すことができます。シュノーケルセットのレンタルはゴーグルとフィンも入れて20ドルくらい。ゴーグルが顔を覆うような忍者マスクは40ドルです。ツアーに付帯するものを使うか、ABCなどで買っていったほうが土産にもなっていいかも。

夕食は比較的空いてたアウトリガーホテル1階のオーシャンハウスにしました。日本人が多くてウェイターも日本語が分かる方が多いです。みんな丁寧で言葉の威圧感はないです。ビーチにもすぐ出れるし曜日によってはヒルトンの花火も見れます。予約せずに入れますがサンセットが綺麗なので夕方が一番混雑してます。フード、ドリンクとも日本人の好みに合ってますし値段は安い方だと思います。チップ入れてひとり50ドル予算でフードにドリンク2杯はいけると思います。ビールはバド、バドライト、クアーズの3種類。マイタイもありましたよ。

さて、恒例のウォルマート見学です。残念だったのがベビーカーの価格が29ドルに上がってたこと。この価格だと日本から持参しないでハワイ調達するとか、壊れてもいいや、くらいの感覚がなくなっちゃうかもね。せめて15ドルくらいならいいんだけど。それでも買うとしたらベビーカーはやはりABCやアラモアナでの調達は厳しいのでウォルマート一択だと思う。ノードストロームはターゲットに変わるって看板が出てたな。2017年の夏って書いてあったけど延期になってるのかな?

前回に続きオムツも見てきました。メリーズは今回も無し。パンパースが売場の半分を占めてる感じです。各サイズとも25ドルくらい。箱でもビニールでも入ってる枚数によるが1枚換算で25セントから35セントくらいかな。箱買いは多すぎるが20枚、30枚程度ならビニール入りで日本みたいな感じで売ってます。写真の上段ね。初日にウォルマートに寄れるなら現地調達もありだと思います。他にベビーフードも豊富に売ってましたが、赤ちゃんの口に入れるものは日本から持参したほうがいいかなぁ、と思いました。というのは、ツアー中に赤ちゃんに現地で買ったミルクやビン詰めのベビーフードをあげてる夫婦がいたんだけど、子供が嫌がってて現地で買ったのを後悔してるのを見たんです。

ウォルマートは子供や大人のムームードレスは豊富で安いです。最近流行のヨガにも使えそうですしランニングウェア系も10ドル程度からたくさんありました。アラモアナのアロハシャツやムームーは50ドルを超えるところがあるけどウォルマートは安いです。ABCでも買えるけど是非ウォルマートの洋服コーナーも見てみてほしいです。アラモアナの1階北側の駐車場を抜けて大通りの信号をひとつ渡るとウォルマートがあります。定番のチョコやナッツにコーヒー、グリーティングカードなどもたくさんあってかわいかったですから女性同士で楽しめるはずです。ハワイビールもウォルマートとABCでは倍くらい値段が違います。例えばコナのラガーがウォルマートだと6本で8ドルくらいなのが、ABCだと6本で15ドルします。重たいけどホテルの冷蔵庫の入れるビールはここで調達するといいです。少し歩きますが土産を見るついでにも行って損することはないと思いますよ。アラモアナからのピンクライン(JCBの無料バス)の最終は平日と祭日で違うから注意。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top