プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

個人が売主と不動産業者が売主の保証の違い

不動産を購入する時に、その物件の売主が一般個人か不動産業者かのどちらかによって保証内容が異なるのをご存知ですか?契約書面では瑕疵担保責任という言葉で説明されていますが、これは建物の全てのものが対象ではなく「これとこれは保証する」という規定がなされていることが多いです。①シロアリ被害②建物構造上主要な木部腐食③給排水設備故障④雨漏りなど漏水、この4つが瑕疵担保責任が売主に対して及ぶ範囲です。自分が購入したあとにこれらの瑕疵が見つかった場合には売主に修復義務が生じているのです。

個人が売主の場合、買主が瑕疵を発見してから3ヶ月以内に売主に通知し、、、と書かれている契約書が多いです。買った後で「あーっ!壊れてるじゃん!」となった場合、緊急を要する場合を除いては売主に通知してその故障具合を実際に見てもらってから修理しましょう。というように明記されています。つまり緊急性が認められない場合は「勝手に直して請求書だけ売主に郵送する」はダメってことです。この緊急性ってのがまたヤヤコシイ。その都度、お互いの立ち位置や価値観で緊急性の定義なんて変わるってものです。

不動産業者が売主の場合、瑕疵は2年間以内に発見された場合とされていて個人が売主よりも保証期間が長いです。だから不動産業者は売った後に「瑕疵はカンベンしてくれよ~」と、2年間は祈ってます。祈ってるだけで実際に瑕疵になったら大変なので、不動産業者は瑕疵保険に入ってることが多いです。まず無いとは思いますが、瑕疵保険に入ってない不動産業者が売主の物件を買うのはオススメしません。

また、不動産業者が売主の場合は、上記の4つの瑕疵以外にも不具合箇所は出てくるものです。扉がガタガタ言う、床がペコペコする、お湯が出ない、電気が付かない、といったものは1年とか2年といったスパンで保証期間が設けられています。これが個人になるとありません。一般個人が本当は故障しているのを知っててウソを付いて売ったのならいけないことですが、知らないことについては売主はお咎め無しです。特に中古物件の売買でこのような問題が出てくるので気をつけてください。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top