プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

マンモス校 東戸塚小学校の生徒受け入れと新築マンションの関係

東戸塚小学校は1年生から6年生まで1000人の生徒を有する大きな学校です。近隣でもこれだけの生徒を抱える小学校は無いです。学校の人気も高く、「この小学校の学区内で引っ越したい」というご家庭は売買でも賃貸でも非常に多いです。それだけに学校行事や登下校についての先生方やPTA、地域の方のボランティアなど、生徒が安全に学校生活を送れるようにたくさんの方々が協力しています。役員や担当になるととても大変ですが、みんなの協力があって成り立っている学校でもあります。

タワーマンションが乱立して地域の学校の教室が不足しているとニュースになっていました。民間のマンション業社が地域の学校の生徒数や学区を考えて建築するわけもなく、商売になる土地があればどの業社もこぞってマンションを建設します。一応、マンションを建設する時には行政側や地域住民との打合せを行うことが通例です。いわば「お伺いと立てて根回ししておく」ということです。これはマンション建設側のそういう交渉担当が居まして、その役割はとても重要なんです。これに失敗すると反対されて建設できませんからね。

東戸塚小学校などの大規模な学校でも教室数が不足しています。学年ごとに5クラス、6クラスと人数の違いもありますから、学年を重ねるごとに教室が不足します。階や校舎が変わればあるのですが1学年としてのまとまりがなくなってしまう。例えば視聴覚室や音楽室を教室に変更する。といった感じで毎年対応するわけです。でもそこに机や椅子、ロッカーに黒板に最近では冷暖房が完備されてる学校も多いですから設備面で「教室の体をなしているか」も問題になるわけですね。

受け入れが不可能となると、この地域で言うと舞岡小学校や倉田小学校への学区線引きがされるわけです。東戸塚小学校は元々、日立に隣接するようにありましたから、生徒の親のほとんどが日立系、という学校でした。今でこそ少なくなりましたが日立グループの寮もたくさんありましたので、親が日立という子供が大勢いたようです。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top