プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

20180418 少額から入れるメザニンローンやエクイティローン

こんな相談がありました。3000万円の投資したい不動産物件があって、自分には2600万円までしか自己資金がないお客様です。年齢、勤務先の事情によって住宅ローンが組めません。かといって使途自由のフリーローンやノンバンクからだと金利が高くつくのでイヤです。このような場合に、身内から残り400万円を一時的に借りて購入することは考えられることです。身内には400万円を借りて返済時には410万円にして10万円を利息として返済するという400万円資金調達方法です。

これを夫婦で例えてみれば、ダンナ様が2600万円出して奥様が400万円を出すという具合です。さすがに奥様に利息だといって10万円をわざわざ払うダンナ様は居ないかと思いますが、不動産を購入するのに不足する資金の調達手法としては考えられるし、実際に内々でやってる方もいると思います。もちろん、個人間でお金の貸し借りをやることが場合によっては法律的にアウトだし、貸し借りを明確にして返済利息や収入といった部分に確定申告の必要もでてきます。

個人同士で考えられる資金調達方法も、不動産投資を専門にしている会社が同じようなことをやってくれるます。無許可な法人が不特定多数から資金を募って商売したらいけませんが、専門会社ですと宅建業も持ってるし金融業の免許業者であり合法です。前述のように400万円を一人から募るのではなくて400口に分けて一人1万円の投資資金から出資することができるのです。現物の不動産を買うのは大変だし、かといってリートだと何十万円でやっと1株買えるような相場ですから、1万円ならリスクも少なく不動産投資家になることが可能ということですね。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top