プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

住宅資材の納入遅れ 横浜建売業者など

震災によって住宅メーカーにも資材納入の遅延などが相次いでおり、工事着工から引渡しまでの期間が2ヶ月~3ヶ月ほど伸びる見通しとなっている模様です。これは注文建築に限らず、建売りも例外ではなく、新築マンションやリフォーム業者にも影響しています。単に納期が遅れるイコールお客様への引渡しが遅れるという問題ではなく、お客様からすればその2ヶ月がとても大きな延長になって当初予定していなかった費用の工面が必要になる場合もあり、施工側からみれば、職人の確保や工程管理が狂い、融資などを受けている場合は遅れるだけの金利負担が余計に出てきます。その2ヶ月の遅れで取引が解約となることも出てきます。

私のお客様でも2ヶ月ほどの納期遅れが出てしまう現場があり、既に施工業者と施主との間では話し合いがされていますが、双方の折り合いがつかない場合は困ったことになるでしょう。これは不可抗力なのでどちらが悪いということはいえませんが、ギリギリになってからお客様へ伝えるのではなく、分かっているうちから善意ある対処が必要かと思われます。こうした問題はごく一部に過ぎませんが、不動産業界の経済活動も大きく変化する1年となりそうです。当社は仲介メインで買取などの在庫を抱えることが無いので、資材納品に関する問題は特にありませんが、土地や建物を仕入れて新築したりリフォームしたりして転売することが主な会社では、工事工程はもとより資金繰りに余裕がないと、無理繰り当初の予定に合わせようと突貫する慣習がありますので、施主の皆さんはこのような工事側都合な行動に注意する必要がありそうです。

具体的な例で言いますと、3月11日以降も途切れることなく工事を行っていた現場で、特に夜間に及んで残業しているような現場。普通ですと騒音を伴う工事は住宅街への影響を鑑み夕方で工事を終えるのが現場管理の鉄則です。それ以上やるとクレームになって工事すらできなくなるからです。これを遵守せずにあくまで「工期を守る」として現場が動いているところは、現場監督がそうしろと指示しているか、無言の圧力をかけているか、又はそれ以上の管理する人間が暗黙の指示出しをしているからに他なりません。大地震後、数日間はあれだけ余震が続いた毎日でしたので、普通なら現場管理はより慎重に、工事は夜間停電に差し支えないようにするのが当たり前です。そのあたりを施工側の品位として見定めてもいいかもしれません。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top