プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

反社会的勢力排除条項の記載例

協会からこんなものが送られてきました。(反社会的勢力排除啓蒙ポスター?)

1年以上前から契約書類、主に媒介契約書や売買契約書、重要事項説明書などに反社会的勢力排除に関する事項という項目が新しく追加され、このような勢力の当事者が取引する本人、又は関係する者が顔見知りで存在する当事者とは取引に応じないという文言が入るようになっています。実際には契約書や重説の特約事項などに入っているもので、契約当事者が暴力団員、関係企業、総会屋などこれらに順ずる者、その構成員ではないこと、或いは、この者らが存在を隠す目的で第三者を利用して名義貸しを行ったりすることなどを禁止するという条文です。私も宅建主任者ですから書類作成をすることがありますので、このような文言を入れた契約書類を作り、主任者をして説明をする義務があります。この説明をする時には「イヤ」なものです^^。以前はこんな条文入ってませんでしたので、「条文が入ってる」ことを逆手に取られることがあるからです。

「このような文言が入ってることで余計に不安になる」

というお客様のご意見があるわけです。「岩木さん、これはどういうことですか?」なんて質問されますと、そんな世界のことは知るわけもないのですから、具体的にマニュアルに書いてあるような例を挙げて説明することになります。このマニュアルに書いてあるような例を挙げれば挙げるほど「余計に怪しい」説明になります^^。仕舞いにはイヤな汗が吹き出てきてどうしようもなくなるわけです。ま、私の説明がヘタなのかもしれませんが、お客様によっては「そんな説明は不要である!無礼千万だ!」となるかもしれません。ですから、「そんなことは無いとは思うのですが、説明せよ!というお達しがあるので一応説明させてもらいます・・・」って前置きしながら説明しています^^

ただ、通常取引においてこのような者の分別をどうやってつけるのでしょうか。例えば初めてお会いするお客様に対して、まずは普通に接しながらお互いの理解を得つつ、お客様の連絡先や勤務先などの情報を元に、「疑問を抱くべきか」について判断するわけですよね。場合によっては、不動産業者に対して抵抗のあるお客様に対し、心を開いていくべき不動産業者側が疑って掛かることになるわけです。もちろん表情や声に出して言うものではないが、何かしっくりこないところがあります。マニュアル本に書かれている分別の内容を見ると余計にそう思う部分があります。例えば、「勤務先に不審がある場合」とあります。これはどういった場合を差すのでしょうか?聞きなれない小さな会社に勤務するお客様を全て疑え!とでも言うのでしょうか。「収入に対して不相応な価格の物件を検討している」「即金で購入しようとしている」なども「疑え!」に該当するそうです。

まったくこれでは営業しづらいったらありゃしません。実際に警察等へ相談するのは取引に至る契約のみだそうですが、あまり度を超えて意識しすぎると営業場面でお客様に不信感を与えてしまいかねません。そもそも「私は暴力団です」と名乗って物件探しに来る人が居るのでしょうか。日常的に普通に接しているお客様、今日これから来訪されるお客様、こないだ契約したお客様、誰が反社会的勢力なのかわかりません。これは仲介する側も売主も貸主も怖いことです。知らずにことが進んだ後に判明したところで、防ぎようが無いこともあります。かと言って過敏に初対面から意識し過ぎでは営業面で影響が出ます。とても難しい問題です。特に、不動産業界には昔から「コノ手」の問題や噂が絶えないと言われています。有事になる前に準備したり知識を持ったりすることは重要ですが、その加減やタイミングを間違え無いようにしたいものです。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top