プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

耐震性のあるマンションとは・・・

皆さんが考える「耐震性のあるマンションとは一体どのようなマンションを指すのでしょうか。耐震性を重視して新築志向が増加・・・というニュースが出ています。本当に「新築だと耐震性が増す」ものなのでしょうか。私は決してそうは思いませんが一種の雰囲気みたいなものがあるように思えます。確かに現状の建築基準で工事されていると如何にも耐震性が優れているような錯覚があります。ルール通りに工事されれば良いってものではなく、その土地の性質や建物の形状、階数、建築方法はもちろん、施工後の管理だって大事な判断基準だと思っています。ルールと言えば、少し前に問題になった「耐震偽装問題」がありましたよね。これだって、業界の裏で起きている氷山の一角が取り沙汰され、一部の人間が罪をかぶって「強制的に幕引き」した感が否めません。それは一般個人である購入者には情報として入らないオブラートに包まれた世界です。残念ながらこの問題は今でも続いていると言えるでしょう。

耐震の問題はマンションなど大型施設だけではなく一戸建てなどにも同様のことが言えます。大手メーカーなどは独自に耐震シミュレーションを行っていたり、耐震等級を得る為に設計段階から構造計算を軸としています。しかし、一般的な建売事業の場合には耐震等級を得る前提で設計されていません。特に木造2階建てでは特例で構造計算書提出自体が免除されています。「構造計算してほしい」と願い出なければそのまま建築されてしまいます。尚、構造計算した上でそのまま建築してOKとなることは稀で、算出された数値如何では一層の耐震等級UPを目指して構造躯体の見直しや材料の追加などが必要になります。当然費用面でUPすることになります。これが3階建てとなると構造計算書類の提出が義務化されており、建築基準法上における一定水準以上の数値が得られることで安心感に繋がることは確かです。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top