プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

用地買収に絡んだ利権や既得権益

利権やら既得権益やら言葉を聞いただけで「如何わしい」響きです^^ 先日ニュースで出ていた高速道路の用地買収に絡んで脱税とありました。脱税の前に「本当に不正のないお金なの?」と言いたくなります。高速道路を作るための用地買収を担当していた社員が、用地を所有していた売主から金銭を測量会社経由で受け取っていたというものです。これは、国交省から予算配分される道路建設の用地買収予算を一手に握っている会社の担当社員だからできる「利権」です。この会社、さらには工事を請負う会社や関連する測量会社など全ての会社に仕事が生まれることになり利益に結びつきます。

一定の公共事業などではルールが存在し、どの会社で請負ってもいいわけではなく実績やコネクションが必要だと言われています。実績やコネを持っている会社は、毎年一定の工事受注がありますから安泰です。例えば国交省から高速道路を作る会社にOBが出向したり再就職したりします。これで国交省とのパイプができあがります。コネが必然的に成立ちますから情報交換も容易ですし優先的な工事などの便宜を図ってもらうこともできます。実績を作るのにもエスカレーターに乗っているようなものです。さらに高速道路を作る会社からさらに下部組織へと疎通ができれば、綺麗な「既得権益」体制が整ってしまいます。

地元の代議士と懇意の会社社長が居るとする。不景気で仕事が無くて困っているので代議士に頼んで仕事がくるよう依頼する。代議士は密かに官僚に働きかけて(その会社社長へ仕事が回るように)予算を組むよう指示する。まずは予算編成で財務省から予算を取り、個別省庁へ配分されたらそれを地方の「既得権益」をもった公益団体へ仕事を発注する。発注された団体はさらに下部組織である民間企業へ仕事を丸投げする。丸投げされた民間企業こそが前出の会社社長が経営する企業である。会社社長は仕事を回してもらったお礼として政治家へ利益の一部を供与する。これぞまさしく「賄賂」というものです。省庁が直轄で仕事を発注するのではなく、途中で幾度と団体を経由させますと、民間企業まで仕事が下りてくる過程は分かりづらくなりますからね。これは政治家が絡んだりして逮捕される代表的な例ではないでしょうか。

よくよく考えてみますと、私たちの身の回りの社会の中にある経済活動にも既得権益で成立っているものって結構あります。聞こえが悪いですが、それで世の中が回っていることも確かなようです。要はバランスなのでしょうね。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top