プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

登記情報を自宅で確認してみよう

登記情報提供サービスというサイトがあります。民事法務協会が運営しているサイトです。こういう天下り団体があるからこそ、我々利用者への利便増進といった大義が成り立つわけですね^^ 確かに便利ですし利用勝手はそこそこですが法務局へ行かずとも確認程度なら自宅パソコンでできるので重宝します。こういう利用者目線のサービスに注力して運営してもらい、余計な予算を取らずに見合った報酬で仕事していれば誰も文句言わないんでしょうけどね。そうじゃないから叩かれると。民間企業が基本的に意識する程度のことですけどね・・・。

さて、そんな件はいいとして先日の賃貸取引における対象不動産の権利関係について質問があったのでもう少し詳しく書いてみます。冒頭のサービスを利用して登記関連を調べてみるのも一手です。わざわざ不動産屋に聞かずとも自分で調査できます。どうしても気に入った物件があるんだけど、唯一その不動産屋でしか取引してもらえない。でもその不動産屋は不親切なのでできれば契約以外に顔も見たくない・・・なんて場合には、理不尽なことは分かっていながらも仕方なく自分でリスク調査をしないとなりません。

自分が借りる賃貸物件について担保権がどうなっているのか?所有者情報はどうなっているのか?誰がどうみても怪しい所有者が持ってないだろうか?反社会的勢力の関わりはないだろうか?等々、これから借りようとする物件について自分自身が把握する必要があります。そんなこと不動産屋でやってくれれば・・・と思いたいですが、世の中全ての不動産屋が親切だとは限りませんので、そういう不親切な不動産屋が取り扱う物件をどうしても賃貸したい場合には自分で調査できることはやるしかありません。私なら「他の物件にしませんか?」と提案したいくらいです><

担保権に関する調査なら登記簿謄本を取ればOKです。登記簿謄本は現在事項ではなく全部事項で取ることをオススメします。現在事項ですと最新の情報しか載っておらず、対象不動産の過去の流れは把握できません。「この不動産は以前こうだった」・・・ってことを気にする気にしないは個々の判断によるので自由であるものの、仮に「過去に差押さえがされてた物件」という情報があった場合に「気分的に気にする」かどうかということです。つまり、せっかく引っ越すのに「そういう物件はイヤだ!」と思うか、「過去のことなんて気にしません」と思うかの違いです。

謄本取得に関して全部事項で取ること以外に、「共同担保目録付き」で取ることもお忘れなく。共同担保とは対象物件以外の担保も一緒に連動させているという場合に付く言葉です。例えば連帯保証人などがそうです。連帯保証人は債務者本人に返済能力が無いと判断された場合に保証人側に債務が降りかかってくるリスクを懸念しなければなりませんよね。保証人が本人に代わって支払いできれば物件を維持できるけど、保証人も支払いができなければ売却か或いは裁判所で強制的に競売されてしまいます。このように、借りようとする対象物件以外にも同じ大家さんが所有する物件がいくつもあって、それらが連帯して担保に入っている場合などが共同担保となります。他の物件で大家が支払いを延滞したとかで売却されたり、競売になったりしますと共同担保物権同士で連帯して責任を取ることになります。自分が借りようとする物件が無担保なのか、有担保なのか、その内容の把握が必要です。

と、ここまで書きましたが、これらの情報について普通はお世話になる不動産屋が調べてくれるものです。個人素人で調べがつく程度のことをプロである不動産屋が分からないわけがない。抵当権などの担保権以外のことでも、「周辺に飲食街があって喧騒です」「ラーメン屋のトンコツの臭いがします」など、賃借人(借りる人)が気にするようなことは重要事項に当たりますからしっかり調べて説明してもらうようにしましょう。賃貸だからといって取引が軽率になっても調査が怠慢であってもいけません。自分が住もうとしている不動産がどういう不動産なのか?普通に住んでいるのに自分の責任以外のことでどんなリスクがあるのか?個人素人には想像もできないと思います。それを分かりやすく説明するのが不動産屋なのです^^。仲介手数料を支払うのですからキッチリ調べてもらいましょう。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top