プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

浴室乾燥機でカビの無いお風呂

今時の家というのはマンションでも一戸建てでも場合によっては賃貸物件でも浴室乾燥機という機能が付いております。この季節は暖房はよく使いますが、浴室乾燥機を利用するかどうかは「洗濯物をどう乾燥させるか?」の好き好きで頻度が異なります。「天日干しするのが当り前!」というご家庭もあれば、ドラム式で一気に乾燥機まで、という世帯もおります。部屋干し・・・という方もいるでしょう^^。それぞれの良し悪しはいいとして、浴室乾燥をよく利用する家に共通して言えることがあります。それは「お風呂の黒ずみ」の具合です。

お風呂は水周りの中でも一番湿気が多い場所です。特にユニットバスの構造上、風呂場や洗面所周りはどうしてもそうなります。ここでユニットバスに浴室乾燥機能が付いているのに一度も使ったことが無い方と頻度の多い方とでは、浴室内部のカビる度合いが違います。もちろん、毎日ゴシゴシ風呂場を隈なく掃除する人は別ですが、壁や天井などを洗った後に乾いたタオルなどで湿気をきちんと拭きとるまで作業する人はそうそういません。

また、ユニットバスの外側・・・つまり壁の内部まではさすがに掃除のしようがありません。実は見えないこの部分、浴室乾燥機能の使用によって、その乾燥した温風が隙間から壁内部に浸透することで、付近の木部の腐食を防ぐ役割をしています。これは新築から数年経過した一戸建て、あるいはマンションなどの床下収納から床下を見たり、天井の点検口から覗いてみるとよくわかります。浴室乾燥機能は電気式なので結構な電気量を食いますからオトクというわけじゃありませんが、ジメジメ感を気づかぬうちに防いでくれる副産物的な効果があります。

この季節は花粉などが辛い時期ですよね。エアコンや風呂場のカビ粒子は目に見えないですが、空気中を浮遊して体内に取り込まれます。特にマンションなどで構造上、浴室に窓が無い場合などは、利用後に浴室乾燥を1日30分程度でいいから回しておくだけでカビが付くのを抑えてくれます。タイマー機能などを使えばいいかと思います。特に妊婦の方や乳幼児を抱えるご家庭では、この目に見えないカビ粒子のことを軽視しないで、なるべく防ぐ手立てを考えると宜しいかと思います。「少しくらい衛生面で良くない方が抵抗力がついて後々健康に育つ!」という考え方もあるかもしれませんが・・・^^。

最後に不動産屋なので余計なお世話を書いておきます。将来「自宅を売却」する可能性がある場合への備えです。中古で売り出したりする場合に、新しく買主になる方が物件内覧しに来ますよね?その時に、「他人の家の水周り」というのは見るのを遠慮しがちなようで実は「一番気にしたい部分」でもあります。それは水周りを中心に家事をされる方なら想像がつくはずです。その水周りを綺麗にしておくことは内覧時に新規買主に対する良い印象付けになります。売ることなんて考えてなくても毎日の積み重ねて黒ずみは防げます。賃貸でも同様です。クリーニングに掛かる消毒費用など、水周りを綺麗に使っていたかどうかによって費用請求が変わってくることがありますから注意しましょう。場合によっては敷金以上に請求がくる可能性もあります。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top