プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

コンプライアンスは既に形骸化

医療関連の仕事に従事する人の個人情報取扱いに関して「モラルに反する」と記事に出ていました。モラルという言葉はこれまたその当事者の立ち位置によって考え方も変わるのだろうと思っています。今回の件に関して何とも思わない人、少しマズいよねって思う人、絶対にあってはならないことだと厳しく批判する人、それぞれの就いている仕事や環境や価値観によって評価が変わる。

少なくとも、個人情報などに関しては個人の主観がどうのこうの以前に、職場で強制的な厳守令があって然るべきだと思います。個性だとかアイデンティティの尊重だとか、今の時代には余計にそれがやっかみになりそうな気もしますが、そんなことを気にしていて個人情報保護なんて言葉を使うなと私は言いたい。ひとたびニュースに出るものは大手企業や、とりわけ「個人情報を扱う機関としてマズイ例」があえて記事になってるようです。それが国民の興味を引くからだと思いますが。

医療関連に従事する方が扱う個人情報は通常の個人情報とは異なり、より個人的に重要であり秘匿の強い性質を持っているものだと思います。これを大衆的な掲示板に載せることなど、普通で考えれば有り得ないことでも「やってしまう人」が居るわけですから、何故「やってしまったのか」について議論したりその原因を研究したりすることは重要だと考えています。でないと、これが時代であり人間の進化!だと言われてはとても敵いません。もはや常識的にとかモラルとか言葉だけ独り歩きしているように見えますので、超法規的な罰則でも作ったらどうかとも思います。この類の問題は謝って済むことや、後ろ指を差されるといった次元を遥かに通り越しています。

このようなニュースが出る度に、「ここなら個人情報を預けても安心」などという場所はもはや存在しないような気もします。私たちが普段使うインターネットなど漏洩の可能性が高い部類だと思いますし、何か商品を購入した時の登録や、クレジットカードやポイントカードへの住所氏名の登録など、あらゆるところで個人情報が集められ、悪意のある人間によって第三者へ譲渡され、譲渡された先からダイレクトメールや勧誘電話が来る、なんて日常茶飯事なのでしょう。これを自分たちで防衛していかなければならない現実の世の中にガッカリしてしまいますよね。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top