プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

車庫証明の地主の許可 手数料

賃貸物件を借りるケースでマンションでもアパートでも借家でも、駐車場が無料で使えるという条件で契約したとします。駐車スペース付きで借りたとしたら、そこへマイカーを持ってきて車庫証明を取り直します。賃貸に住みながら新車に買い換える場合も車庫証明が必要ですよね。しかし、賃貸の商慣習で多いのが車庫を利用する為の車庫証明を警察署に提出する上で「地主の承諾書」なるものが必要になるのですが、これを賃貸契約書のコピーなどで済ませることができない場合の問題です。

地主にA4横の書類に署名押印をもらわねばなりません。通常は大家に直接賃貸人が行くわけにも行かず仲介してくれた不動産業者を通すことが多いです。直接もらいに行くにせよ不動産業者を通すにせよ、大抵は手数料として3000円だの5000円だの取られることが多いです。地主が署名押印するのに地主の印鑑証明も住民票も印紙も要りませんし、玄関先で署名して3本版を押印してくれさえすれば済む話です。でも、商慣習でそういった手数料を取る場合があります。

さて、この手数料についてですが賃貸の契約書面にはまず記載されてません^^。チラシにも載ってませんから、入居後にいざ車庫証明取ろう!とした時点で手数料の話を聞かされイヤな思いをすることがありませんか?「そんなの聞いてません」という。確かに、駐車場無料!とチラシに書いておきながら車庫証明の地主承諾書で手数料を取るなんて許せない・・・という気持ちも分かります。これは法的にどうんなんだろうか?というのが今回のブログのポイントです。

まさか数千円の承諾手数料で裁判を起こす人はいないと思いますが、もし弁護士などに相談するとどうなるか・・・先生方何名かに聴取したところこういう見解です。まず、チラシや契約書で駐車場無料となっているのであれば、当然に車が止めれる状態を指しているわけであって、その駐車するという行為に必要不可欠である車庫証明の取得に関して地主の承諾が必要とあらば、地主はその署名押印に対してなんらの実費が掛かるわけじゃなくその場で署名押印さえすれば済むわけだから、手数料を取るのはナンセーンス!という解釈だとのこと^^。

というわけで、もし賃貸契約後にそのような問題に直面したら黙って支払う必要は無いかと思われます。もちろん、チラシや契約書に車庫証明を取得する場合に地主承諾を必要とするなら手数料がいくら必要である・・・と記載されているならそれに従うべきです。その手数料が掛かるんだと分かった上で賃貸契約するわけですから。余計なお世話でこんなこと書くと問題かもしれないですが一応・・・地主の承諾を取れないからといって「自分で地主に成りすまして承諾書を書く」といった行為は捕まる対象だそうなので止めてください><。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top