プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

計画道路の決定から事業決定まで 用途地域 都市計画


子供の日ですね^^。うちも3人目が男の子だったので和室には兜が飾られています。端午の節句と言いますがあまり気にしない時代なんでしょうかね。スーパーなどでそういったコーナーがあるくらいで、大きな鯉幟がなびいている土地はこの辺じゃありませんし。あ、そういえば豊田立体から戸塚へ行く途中の柏尾川や舞岡小あたりの川にたくさん泳いでたかな?^^。車からも見えますからドライブがてら見に行ってみるといいでしょう。連休もあと1日ですからUターンラッシュも気になりますね渋滞で事故など起こさないように楽しい連休で締めくくりましょう。

今日は計画道路について少しお話しましょう。計画道路というのは地方自治体で議論される都市計画という計画のひとつです。皆さんがよく目にする幹線道路は昔は計画道路でありながら狭い1車線ずつの道路だったに違いありません。それが2車線、3車線など幹線化するわけです。この幹線化する道路計画が文字通り計画道路なのです。計画道路を作ろう!と議論されるとその道路の拡幅などによってその地域の変化が期待できます。メリットもあるしデメリットもあります。こうした議論をします。道路が大きく広がるのですから広がる場所に位置する人たちはどこかへ移転しないとなりませんね。移転するにも地主の承諾が居るし、移転するにも費用がかかる。

計画道路を作るといっても様々な問題がありとっても困難な壁を乗越えてはじめて現実的になります。現実的になると予算が必要なります。この状態になると計画道路だったものが事業決定されて本格的に移転作業や道路工事などが始まります。但し、皆さんの想像するように事業化されるってのは相当に大変なもので、計画道路が計画決定された段階では本当に現実になるかどうか?さえ分かりません。計画だけブチ上げて議論もせずに放っておかれる道路計画もあれば、優先度合いなどから早く事業決定させようと一生懸命議論される計画道路もあります。

皆さんの住まいの近くにもし計画道路があったならば、最寄の役所へ行き「都市計画について聞きたい」とインフォメーションなどで尋ねてどの窓口へ行けばいいかを聞く。そして窓口で対象の住所を行って、どんな計画道路なのか?どこまで議論されているのか?進捗具合は?などを自分自身で調べることができます。不動産屋さんも同じことをします。それを重要事項説明書に入力していくのです。重要事項説明書に書かれる内容なのですから、買う買わないと検討するお客様にとっても大事な判断材料なのがわかります。

計画道路がある地域は住宅街に見えるのに商業ビルなどが建っている光景などを目にすることもあります。これは計画道路沿いに関しては比較的大きな建物を建ててよい・・・という法規制があるからです^^。逆説的に言うと、閑静な住宅街に突如として大きな建物が建っているエリアがあったら、「あれ?ここ将来は道路が広がる計画があるのかな?」などと推測できるってわけですね。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top