プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

任意売却の電話相談をされたお客様

お客様から許可を得てこの記事を書いています。

昨晩あった電話相談の内容はこうです。「任意売却をしようと思っているが仲介手数料は3%支払わなければならないものなのか?」というもの。結論から言って「可能な限り割り引いてもらいましょう」とアドバイスしました^^。お客様は不動産を任意整理するのだがから当然経済的に困って不動産を売却する、だが不動産売却は専門家に任せる以外にないので突然訪問してきた不動産会社数社に話を聞いてみたのだそうだ。そしたら、書類で説明されて売却した資金のうちローン返済に充当する分、仲介手数料、引越し代・・・と諸費用計算書を置いていったとのこと。そこに3%云々と書いてあったのだが、当人が困っている状況で不動産会社は必ず3%の仲介手数料を取っていくのはおかしい!と憤慨しているのである。

ごもっともな意見だと私は思った。自分が所有する不動産が裁判所で競売手続きされると、公然と誰でもその情報を閲覧できるようになるが皆は知ってるだろうか。裁判所でも掲示され、ネットでも閲覧できる。この情報を得た不動産会社や怪しげなブローカーが電話や手紙や訪問といった営業攻勢で、競売になる前に任意で売却させようとするものである。競売されてしまっては「仲介」ではないから、競売になる前にあくまで仲介によって売却させて仲介手数料を取るというビジネスである。仮に「競売開始決定」とされても、一定の期間内に買い手を見つけて契約さえすれば、ほぼ入札日寸前まで競売を差し止めることが可能なのだ。だから、競売という情報が出回った瞬間、こうしたビジネスを得意にする業者が我先に仲介せんとハイエナのようにやってくるのである。

素人個人が専門家にはさすがに敵わない。あーです、こーですと言われれば「そうなんだ・・・」と思ってしまう。裁判所・・・・競売・・・なんて言葉を聞いたら、誰だって怖いし不安である。周りの目も気になるし、そっと静かに売って気づかれずに遠くへ引越してしまいたい。そんな不安な心に乗じて売却を迫ってくる。不動産業者が本当に任意売却でお客様を手助けしたいと思うならば、正規手数料なんて取らないでいくらかでも割り引いて生活資金として提供してあげればいいと私は思う。それが1割引でも半額でもそれ以下でもいいじゃないかと。実際に3%取って、対外的には正規手数料取りましたーってしておいて、商品券にでもして返還してやればいいじゃないか。会社の経費で落ちるんだから。本当の意味で善意でやってる仲介会社は必ず存在するから是非こうした会社にお世話になってほしい。

・・・と、私は言いたい^^。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top