プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

計画道路用地なのを知ってて

計画道路用地。難しい言葉ですが聞いたことがある方は意外と多いのではないかと思います。皆さんのご近所のいわゆる「1車線道路」が拡幅されて複線となり文字通り通行量の多い幹線道路へと変える計画のことです。この道路が出来て便利になったなぁ・・・とか、子供の頃は空き地みたいで遊び場だったのに・・・など思いは様々です。不動産の仕事をしていると日常的に出てくる言葉ですが、実際に計画道路用地に指定され、それが具体的に実現されるようなものだと近隣の生活環境が一変することだってあります。

そんな計画道路用地ですが、まったく知識が無い人であっても私たちが普段住んでいる地域で「ここがそうなのかな?」って見た目で分かるところがあります。部分的に古い家が建ってる集落のような場所がある、異様に歩道幅が広いところがある、フェンスで囲ってある空き地が直線的に続いている、コンクリートの基礎部分だけが放置されている、明らかに売れ残っているかのような空き地がある、住宅街なのに部分的に容積率が高い、計画道路って看板が出てる^^等々、「あー、ここ計画道路だな」って思える姿を目にすることができます^^。

自分の家、もしくはすぐ近くに計画道路ができるなんてマイナスに思う人もいればプラスにとらえる人もいます。中には計画道路用地でそのうち買収されるのを分かっててその土地を買う人もいます。行政から立ち退き・・・つまり地上げされるなら多少フッかけて高く買い取ってもらおう・・・などと思っているのかもしれませんが、最近の行政は予算キューキューでそんないい話になりません^^。あくまで査定ルールに従った提示額でしか買収してくれません。すると、建物に余計な装飾を施したり、必要無さそうなブロックやフェンスをワザとらしく 工作したりして、少しでも建築物としての査定額を増やそうとする人がおります^^。これもある意味、査定ルールを逆手にとった知恵なのかもしれませんね。良いか悪いかは別として・・・。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top