プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

専任業者様がとる両手狙いの物件紹介拒否にメスが

東日本レインズの規定の改訂があったようだ。中でも興味を引くのが、レインズに登録した元付け業者(専任業者など)は、登録情報を閲覧した客付け業者の問い合わせに正等な理由なく物件紹介を拒否してはならん。とレインズが認識しているということ。それによって、専任媒介の依頼主が専任業者以外の他社、つまり客付け業者への物件紹介を拒否しているなら、その意思表示とする書面が必要、と明記されたのである。これはもしや・・・そう、これは専任媒介の取立てホヤホヤの時期に両手狙いの業者の悪行を懲らしめる目的、と言っても過言ではないだろう。

「もしもーし。昨日登録された○○という物件ありますかー?」

「契約予定です。」 (うそつけ!)

このような会話にウンザリしている全うな業者さんには良いお知らせのようです^^。まぁ、実態はそう変わらないような気もするが、一応レインズ側がそのような苦情へ対応してくれたことが嬉しく思います。しかし、売主は専任媒介を業者依頼するという意味が、その業者にだけ独占的に売却活動をさせる、イコール、一番条件良く売却できる。という解釈になってないだろうか?または、媒介依頼時に営業マンにそう唆されてないだろうか?「物件紹介を拒否する書面」をどう締結するのだろうか。とても興味がある。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top