プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

空き屋の問題と相続は関係しています

先日の続きですが、やっちゃいけないパターンをひとつご紹介します。一戸建ての空き屋はもとより、マンションなど、まだ使えそうな建物の場合、多少のリフォームを施して賃貸で回そうという考え方があります。これは兄弟間など複数で物件を所有する場合で、尚且つ売却するには何かしらの障壁があるので、とりあえず賃貸で時間稼ぎしよう、というものです。これはリフォーム代を誰が負担するのか?皆で案分するのか?賃料は誰が受取るのか?などを決めなくてはなりませんが、経験上だとリフォーム代も誰か一人が負担し、家賃も誰か一人の口座に入ってそのまま使ってしまう、というケースが多いです。

これをやると、余計に空き屋問題をややこしくするだけです。そもそも、複数所有する不動産の家賃収入を誰か一人だけ受け取るなんてことはあり得ないし、受け取ったら課税対象ですから確定申告しなければなりません。「そんなのバレないし皆やってるよ!」なんて不動産屋にそそのかされてはダメです。モラルの問題です。それに、行く行くは相続するときになって、誰がリフォーム代を負担したから、誰の相続取り分があーだこーだ、といった時に、空き屋問題を先延ばししたツケが必ずやってきます。空き屋問題が出てくるのはまだ先・・・でもいいんです。専門家に相談しておいて、考えられる問題とその対策などシナリオをいくつかもっていくことが大事です。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top