プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

「さしいろ」って便利な言葉だなー

リフォーム業者の展示会に行ってきました。家具、カーテン業者などもタイアップで参加していて、いろんな配色パターンのブースが広がっていました。私はナチュラルパインを使った家具などが個人的に好きで、そのような雰囲気のあるブースで足をとめて見ていると女性のスタッフが声をかけてきた。ラインIDでも教えてくれるのかと思ったら残念ながらそういうわけじゃーなく、ブースに展示した商品を売り込みたいらしんだこれが。耳を傾けると携えたプレゼン資料をもとにやさしく説明してくれた。

北欧をモチーフにしたそのブースでは私だけじゃなく、他のブースより賑わっていたから確かに見栄えはいいのです。でも説明が拙かったのには残念無念。パイン材を使った無垢の1枚板がでーんと広がった大きなテーブルは裏側になんの支えもなく、4本足とL字金具で固定したるだけ。想像通りグラグラしてるじゃないか。リフォーム屋のくせに図画工作が不得意な私でもDIYできるようなものだったが30万円だという。続いてテーブル表面をドンドンと叩いて、「強度に非常に優れたナチュラルパインで・・・」ってパインは強度的には弱い方だと思うが気のせいだろうか。

続いてカーテン屋が説明したが、ブースに設置されたドレープカーテンはブラウン基調、同じ保護色同士で自然色のアースカラー、無難な組み合わせかと思いきやカーテンレールが鮮やかなブルー!で少々驚いた。これは「さし色」なんだそうな。さし色・・・料理でも洋服でもよく出てくる言葉だが、なんて便利な言葉なんだろうと改めて思った。カラーコーディネートの資格なんぞ意味も無いくらい、さし色で誤魔化せる時代なんだと。なんでもかんでも「さし色」うーん、これなら配色のセンスもへったくれもない。

この展示会のレベルがなんとなく知れた30分程度で会場を後にしたんですが、リフォーム!リノベーション!なんて流行りに便乗していろんな会社がビジネス参入してきているみたいですから、仕事をお願いする会社はきちんと選んだ方がいいと私は強く思います。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top