プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

賃貸物件の敷地に関する使用権の問題

賃貸物件の話で、アパートが建っている敷地の利用の仕方についてどう定義されているか?がたまに話題になります。例えば、1階と2階と別々のお部屋がある場合で敷地内に駐車場があれば、最初の契約の時に駐車場番号1番は1階の人が利用して、2番は2階の人が利用、というように取り決めます。特段取り決めがないようなバイクや自転車置場も空いてるスペースでお互いに気を使いながら置場所を考えるものです。ちょっといいか、、、という判断で物置を置いたり、スタッドレスタイヤを置いたり、家庭菜園をやってしまったり、中には自動販売機を勝手に置いて商売したり、と賃借人の「この程度なら」の定義によって全く異なるものです。

従って、契約書面ではその敷地で考えうることに関しては詳細に取り決めておくものです。敷地内は自由に使って良い、という契約書であれば前述したことは全てOKという解釈ができますし、大家が後から文句を言っても通用しません。それは専用使用権、土地の無償貸借を認めたことになるからです。逆に「これはNGです」と契約書で取り決めたことを守らないと使用権の乱用にあたります。そもそも契約書にはその都度大家に確認して許可を得る旨が書かれているものです。普通に考えて使用が認められていない駐車スペースに駐車したり、勝手に自販機を設置して商売するなんてことは有り得ないことです。そんなことがまかり通ってしまったら信義ある契約など存在しなくなります。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top