プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

贈与契約書で配偶者控除適用可能に

平成28年度税制改正で贈与税における配偶者控除を利用する際の添付書類が謄本だけではなく一定の書式である贈与契約書でも可能になっております。婚姻期間20年以上の夫婦間で居住用不動産の贈与が行われた場合に最高2000万円までは控除できるもので、例えば、夫婦間のどちらか一方から贈与を受けてその不動産の相続算定で3000万と出た場合、そのうち2000万円については控除されて残りの1000万円に対して贈与税がかかります。この控除を使うのに謄本が必要だったのものが、贈与契約書でよくなったというものですね。

親族間の売買であっても、なあなあで不動産名義を移転してしまう、というのはNGです。贈与契約書であっても売買契約書であってもきちんと決められた書式を残して成立させておくことが大事です。本来、5000万の相続財産になろうかという不動産を、税理士も不動産屋もいれずに勝手に2000万の相続財産です、と都合よくとって2000万控除を利用してトントンだから税金ゼロね。なーんてことをやってるとお咎めを喰らいます。実際に喰らうととってもイヤな思いをしますので、栄区、戸塚区、特に当社の近くである上倉田、下倉田、吉田町、戸塚町、矢部町といった地域にお住まいのお客様はお気軽にご相談くださいませ。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top