プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

賃貸物件に抵当権が付いている場合

おはようございます、上倉田町の不動産会社の岩木です。賃貸契約書の作成をしておりまして、合間のブログ更新でございます。賃貸物件に住んだことがある方は多いと思いますが、「賃貸だからまぁいいや」という気持ちもどこかであるものですよね。その「まぁいいや」が、どの部分かにもよりますが今日は賃貸物件に設定されている権利についてのお話です。不動産に設定されている権利、ここでは貸主(大家)の権利、あるいは貸主に対して第三者から主張できる権利についてのお話になるのですが、ひとことで言うと、その権利が発生しているのを知ってて借りてくださいね、というお話です。

どんな権利があるか。よくあるのが、その賃貸物件は貸主がローンを組んで建築した物件である場合です。金融機関からローンを借りてアパートを建築、或いは中古でそのアパートをローンで買って所有して、賃貸経営しているような場合がそうです。この権利は、もしローンを支払わない場合は金融機関に対して「物件を差し出します」というものです。つまり払えない場合はアパートごとくれてやる!という金融機関との約束です。この権利に対しては賃貸人は文句言えないので、仮に金融機関に差し出されて第三者に転売されてしまったら、その転売先の新しい所有者に対して対抗できないことになります。

その他にはどうでしょう。例えばそのアパートは道路から奥まった土地に建築されていて、他人の敷地を通行しないと玄関まで行けない賃貸物件だったとしたら、通行を許可してくれる他人に対する権利がありますよね。こちらからすれば通してね!だし、相手からすれば通してやる!です。これも、賃貸する当初に知った上で借りてくださいということです。

これが「賃貸だからいいや」の普段は気にも留めない範疇であればいいのですが、万が一、大家とトラブルになった場合には、これらの権利が賃貸するときに分かってたことなのか、それとも賃貸した後で判明したのか、それとも契約当初はそんな権利は無かったのに途中で権利が発生したとでも言うのか?などということが、とても大事になってきます。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top