プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

物件レポート

20180803 石垣島→竹富島→小浜島→沖縄本島(那覇)

少し早い連休をとり、石垣島→竹富島→小浜島→沖縄本島(那覇)というスケジュールで3日間強行してきました。さすがに2泊だとゆっくりはできませんでしたが、前半は観光がメインで最後に業者と待ち合わせして物件の下見といった具合。昼間は晴れてても急に土砂降りになって大きな雷鳴とともに停電なんてこともあり、那覇では台風12号の影響で3時間以上も待ってやっと昨晩遅くに帰宅しました。

さて、沖縄の物件についてですが現地の不動産業者の調査の仕方や契約に至るまでの顧客への説明にだいぶ違いがあるな、と感じました。まず、向こうの業者はレインズや一般の検索サイトなどほとんど使わずに、自社だけで売主と買主を仲介してしまおうとする手法が多いように思えます。例えば横浜在住の私に、たまたま知人が所有する沖縄本島の不動産売買の依頼があったが、沖縄まで何度も調査に行ったりお客様を案内したり、ましてや重要事項などの調査に関しても不得手であるから、地元の業者に取引の一部を手伝ってもらおうとするとあからさまにイヤな顔をされて、「全部自分たちにやらせろ」という説明をされます。

これはごく一部のことなのかもしれませんが、比較的、不動産取引が活発なエリアと地方とでは1件当たりの収益も違うことから、薄利で件数をこなすというより、1件の取引でガバッと利益を取るスタンスなのかなぁ、と強く感じます。そういえば、千葉や茨城といった関東近辺であっても、1件当たりの成約価格が低いから仲介手数料商売では成り立たず、買い取って所有権移転した後に転売、あるいは当初から三為容認といった取引が自然という商取引があったことが思い出されます。地方では地方の商慣習に習え・・・という感じでしょうか。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top