プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

共同名義人の意見が割れて競売に?

おはようございます、プラティナムハウスの岩木です。先週の競売物件について旧知の不動産業者からブログ見たよ、と連絡があって少し話をしました。その担当者は別の競売情報について目をつけていて入札予定とのことでしたが、興味深いなぁ、と思うことがあったので入札に影響が出ない程度に書いてみたいと思います。

入札物件は関東のある不動産で3名で共同所有しているようなのですが、その所有者の1名が「意図的に」海外に居るということまでは独自の調査で分かったのだそうです。ただ、これは競売を妨害しようとするものではなく、裁判所などとは連絡は出来ているそうで手続き上は問題ないそうです。話を聞いてみると、海外に居る所有者1名は、日本に居る共同名義人のうちどちらかの銀行口座へ「自分の負担分は払っていた」というところが分かったそうで、ここが興味深い部分です。

不動産の所有者は3名居て、そのうちの1名が海外に居るのですね。海外に居る理由は日本から離れて、他の所有者である共同名義人2名から距離をおくことが目的のようです。共同名義人も海外には居ることが分かっているのですが、その他の日本に居る共同名義人らはそこまでは追っていけず連絡の取りようもないとのこと。要は日本に居る共同名義人は競売を阻止したいんですね。阻止というか取り下げをしたいのだと思います。逆に海外に居る所有者1名は淡々と粛々と競売にかけてもらいたい、とそう願っているのです。自分が共同で所有する物件をあえて競売にしたい、との意図とは何でしょうかね。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top