プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

物件レポート

20181024 長期使用製品安全表示制度 特定保守製品の登録

こんにちはプラティナムハウスの岩木です。最近はとても寒い日が続いていて我が家でもお風呂を沸かすことが多くなってきました。洗濯物を外に干しても乾かないからついつい浴室乾燥機を使ったりしますけど、毎日使っていると電気代が極端に高額にもなります。アパートなどでは湯沸かし器を使うところもあるでしょうし、古い住宅では壁際に配管された備え付けの暖房器具があるところもありますよね。

これらの電化製品などは長期使用製品安全表示制度という2009年から始まっている制度の対象製品になっています。湯沸かし器や暖房器具、浴室乾燥機、食器洗乾燥機などがそうです。これらは、長期間の使用によって不具合が生じた場合に利用する消費者の生命などの安全にかかわることから、きちんと保守点検をすることが望ましい、とされている製品のことで、新品の製品が安全に使えるであろう期間はおおむね10年と言われています。

取り扱い説明書に詳しく記載があると思いますが、新築物件の購入や賃貸契約の際に不動産業者や建築業者からの説明があるはずなのですが、これを端折る不動産屋や建築業者がおります。しかも結構な数います。この制度では消費者、売主、賃貸オーナーなども利用者とみなされているので、売ったら売りっぱなし、貸したら貸しっぱなしというわけにはいきません。

しかし、実際にその建物を利用するお客様への鍵の引き渡しの時に、「住所氏名を記入して郵送しておいてください」という内容もない簡易な説明や、「できれば利用者登録しておいた方がいいと思います」というような任意性だと誤解される説明をする業者がいます。万が一の不具合時には、これらの登録情報をもとにメーカーがリコールをかけて製品回収したり利用者と連絡をとり修理点検してもらえる大事な登録であり、もし自分が不具合に気付かなくても、どこのだれがどの製品を使っているから危険だと、メーカー側から動いてくれることもあるのです。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top