プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市栄区・戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

営業日記(ブログ)

20220613住宅ローンを利用した居住用物件を賃貸に出して一括返済

住宅ローンで購入した物件を賃貸に出していたことがバレて金融機関から一括返済を求められてしまった。というニュースがちらほらと目に付くようになりました。恐らくこれらのケースでは「故意に金融機関を欺いた」という証拠があるのだと思います。投資用ローンなのに自己居住用ローンを悪意をもって利用したとか。または自分が住めなくなった物件を銀行に黙って第三者に貸して家賃収入でローン分を返済してトントンだし遅延してるわけじゃないからそれでいいだろ、と悪態をついたとかで、「抵当権の侵害」とか言われて一括返済を求めらたのだろうと。

投資に使うような悪意をもって自己居住用住宅ローンを借りるのは論外ですが、本当に自分で住もうと思って買って数年は住んだ、でも転勤や家族の環境の変化によって転居を余儀なくせざるを得なくなった場合は、正直に経緯を銀行や保証会社に説明して稟議を上げてもらうようにしましょう。本当に不可抗力でそうなってしまったと第三者の誰が見てわかる状況であれば、金融機関を欺いたとかでいきなり一括返済しろとは滅多にならないからです。中小企業への運転資金とか事業性融資なら貸す側の横暴や非道を感じることもなくはないですが、個人の住宅ローンではそこまで踏み込んできません。

もちろん、正直に説明したとしても借手にとって良い回答がくるとも限りません。そもそも自己居住用なのだから自分が住めないなら貸さないで売って返済しなさい、と言われるかもしれないし、一時的な転勤なら期間を定めてまた自分が住むことを説明したり、売っても残債が残って抵当権が外せないから猶予して、などいろんな方法があります。故意じゃないなら状況変化が起こる前に隠さないで正直に話すべきです。黙って誰かに貸すとか安易に考えたり、お金を貸してもらっている相手に対して借手本位の主張をしたり隠し事をしてはいけません。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top