プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

物件レポート

遮熱塗料サーモアイ 薄色と濃色で反射率が違う


おはようございますプラティナムハウスです。舞岡町で屋根と外壁の塗装工事が始まりました!今回は日当りがとても良い物件ということと、施主様の要望で断熱効果を高めたいとのことで、遮熱に定評のある日本ペイントのサーモアイシリーズを使用することにしました。ハイグレードな材料で遮熱による反射率が色ごとに細かく表記されています。ここで注目するのは比較的白に近い明るい色ほど反射率が高く、黒に近いほど反射率が低い、つまり熱を吸収しやすくなるという点です。一般的に黒色は熱が篭りやすい、といった考え方に沿ったものですよね。外壁はともかくとして屋根の色は濃い目の色を選択しがちです。ここが遮熱塗料の場合だと悩みどころです。色の薄いものの方が反射率が高い、つまり屋根が熱くなりにくいわけですが、屋根色が明るくなります。例えば外壁は白だけど、屋根も白!というのはあまり見かけませんよね。といっても黒や緑といった濃い目を選択すると熱くなりやすい、ここが悩みどころというわけです。

タスペーサーはカラーベストの隙間に塗料が入り込み毛細管現象を防ぐことができます。毛細管現象とはカラーベストの表に降った雨水がカラーベストの裏側を逆流するように伝って内部に進入する現象です。屋根塗装後にカラーベストの重なり部にプレートを入れて縁切りしてもいいですが、塗料が完全に乾ききらないうちに太陽熱で溶けて再びカラーベスト同士が固着すると縁が切れなくなってしまうので、多少費用が掛かってもタスペーサーの使用を職人にお願いするといいでしょう。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top