プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

物件レポート

20210709 急傾斜 土砂災害 残土盛土 安息角の重要性

「安息角」あんそくかく。

子供の頃、公園などで砂山を作って遊んだ記憶があると思います。晴れた日に公園で作る砂山はサラサラの砂で上からスコップで砂をかけるといい塩梅で円錐を形成します。砂時計もこれに似ていますよね。これを海でやると多少湿ってる砂で手で叩きながら背の高い円錐の山を形成することができます。なるべく固く形成して対になる方向から穴をあけて「手が繋がったよ!」とやるわけです。まさに砂山のトンネルです。

どちらも円錐形状には変わりないですが地面からそり立つ山の角度が違います。公園のサラサラの砂は水でもかけて固めないと山の斜面が一定限度を超えると崩れてしまいます。この角度のことを安息角と呼びます。安息角はサラサラの砂、湿った砂、土、粘土、砂利などで当然異なるのは想像がつきます。そのため、建設関係に携わる方で残土や造成を行う人は必ずこの角度を頭に入れて作業を行います。安息角は一般的な土質であれば30度と言われています。山を横から見たてて30度、そうです、小学生の頃にやった三角定規の角度と一緒です。三平方の定理が少し役に立ってるような?気がしてきましたね。

一定の面積や掘削深度を伴う盛り土を行ったり切り土を行う場合には造成許可が必要となります。無知な業者が安息角を考えずに、まるで子供の頃にやった砂山を形成するかのように残土を積んだり、土を削ったりするのを防ぐためです。当たり前ですが、安息角は山を形成する物質が成す自然の摂理なので、これを抑え込むには崩れないように表層を固めたり、物理的に壁を作って土が流出しないようにしなければなりません。急斜面の表層をモルタルやコンクリートで固めたり、垂直な擁壁を作ったり、身近なところだとブロック塀などで隣地との境界や土留めをしている箇所などがそれに当たります。土留めブロックは自分の敷地の土が隣地へ崩れないようにするためにあります。そのため、土留めブロックは隣地と比べて「敷地が高い側」が所有することが多く、境界標を探すのにも参考にすることがあります。

平面地に盛り土する。くぼ地を土で埋める。このような造成工事を行う場合にはその土が外部に流出しないかを検討し、その土の性質上からどの程度の安息角を保っていればいいのか?つまり「万が一、流出したとしてもここで止まる」ということがわかってないといけません。もちろん、土がどのような土か。粘土質か火山灰からなる比較的柔らかい土か、砂利が含まれるか、あるいはゴミなどが混じった混合土なのか、によって万が一流出した時の安息角が変わります。造成工事は許可制と言いましたが、許可を出す側が申請者の「土」の表現について疑いなく事務処理を進めるとそれで造成の許可が下りてしまうことがあります。行政側は「きちんと審査して許可した」と言うしかありません。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top