プラティナムハウス株式会社

電話番号

045-383-9996

営業時間:9:00〜21:00 水曜定休

失敗しない物件選びの“コツ”こっそり教えちゃいます

横浜市戸塚区エリアのマンション・一戸建て・土地・賃貸の親切丁寧な対応ナンバー1を目指します!

リフォーム情報

住宅ストック循環支援補助金の申請から完了までのフロー

連休中で補助金事業を行っている事務局側に電話が繋がらないのでしょうか?リフォーム屋から3回も電話がありました。おそらくここのブログを見てたどり着いたのだと思います。事業者登録を済ませてあるなら画像にある申請から完了報告までの流れになります。現在は2回目の補助金申請期間ですから、受理されれば「補助金交付決定」が文書で通知されます。申請書1枚を郵送してから待つだけでやることはないです。通知がきてからポータル上で写真などのアップロードなどを行うのです。交付決定通知は混雑具合にもよるでしょうが結構かかると思います。

あと、当社が事務局に質問したことで同様の質問をリフォーム屋から受けたので備忘録で書いておきます。

断熱材の作業中写真とは、職人が作業している風景を撮影しろという意味ではないです。断熱材が充填されたのが広く見えればいいです。拡大されていてもダメです。部屋全体が写ってなくてもいいですが壁床天井面がある程度写りこむように撮影します。ちなみに、1枚の写真に床の断熱材、壁の断熱材、天井の断熱材が写っているからといって1枚で申請はできないです。3枚別々の写真で部位ごとに申請が必要です。

性能証明書は補助金事業用のものをメーカーが発行してくれるのでリフォーム屋で作成する必要はないです。組立業社の記入欄がありますが、会社印の押印までは必要なく会社名だけ書けばよいです。手書きでもOK。でも修正液はダメなので、せっかくメーカーが発行してくれたものを汚さないように注意してください。性能証明書は取扱い説明書や保証書のビニールに紛れ込んでいる場合があるので下駄箱やキッチン収納など、いかにも職人さんがまとめて入れておきそうな箇所を探してみてください。

この補助金事業では完了報告時に製品の型式を記入する欄があります。断熱材、トイレ、ユニットバス、給湯器などメーカー型番がありますが、補助金事業側の型式と合わないことがあります。その場合は、メーカーのサポート電話では分からないそうなので、住宅ストック補助金申請用のサポート窓口の連絡先を教えてもらってください。そこでメーカー側の型番と補助金事業側の型式を照合してくれます。

この記事が良かったと思ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

プラティナムハウスの“物件検索”はこちら!

この記事へのコメント


page top